マインドフルネスで心を鍛えよう!

◯マインドフルネスで心を鍛えよう

 

公認心理師のいまいです。

 

これまで心のしくみを学んだり

たくさんの方のお悩みによりそってきてわかったこと。

 

それは

過去のことや未来のことに心を奪われていると、心が苦しくなるということです。

 

 

たとえば、子育てだったら

 

過去

子どもが小さい頃、仕事をせずに一緒にいたらこうはならなかったのかも…

 

未来

このままだと、どんな子になってしまうのだろう…

 

 

あるいは、仕事だったら

 

過去

あのままがんばっていたら、今よりも幸せだったかもしれない

 

未来

このまま続けていたら自分はどうなってしまうのだろう…

 

 

こんな風に過去と未来のことを頭の中で考え続けています。

 

つまり、心ここにあらずの状態で、大切な「今(現在)」を過ごしているんです。

 

  

過去は変えられません。

 

でも、今からあなたが勇気を出して一歩をふみだせば、辛かったあの経験が「あの時あんなことがあったから今の自分がある」という”なくてはならない経験”に思えます。

 

未来だって同じです。

今からあなたが勇気を出して一歩をふみだせば、いくらだって明るいものになっていきます。

 

関連記事

コンプレックスをバネにする

新米ママに多い?心配性ママを卒業した理由

 

 

つまり、大切なのは

今(現在)に目をむけること。

 

「今できることはなんだろう?」

 

この視点に立てたら最強です。

 

 

セッションをかさねてきて、クライエントさんに変化がみられたときはきまってこの発想をされるようになります。

 

これまでどれだけ過去や未来におびえていても、心を鍛え続けると、過去や未来よりも「今」に目を向けることが大切だと気づかれるのです。

 

たとえ今、恵まれない状況であっても、です。

その中で今できる最善を尽くそうと思えると、これまで知らなかった世界がみえてきます。

 

 

過去や未来のことよりも大事なのは今。

今ここから、を私はとても大切にしています。

(名字が今井というのも、なにかの縁なのかなと思っています:笑)

 

 

不器用な私が幸せなのは、間違いなくこの心構えのおかげだと思っています( ´∀`)

もっともっとこの考えを広めていきたいです!

 

・公認心理師・臨床心理士・専門健康心理士

・博士(人間科学:早稲田大学)

・早稲田大学人間科学部通信教育課程教育コーチ

NHK文化センター講師(マインドフルネス)

・元小学校(こども園)のカウンセラー

・小学校3年生と1年生の男児の母



わたしは大丈夫!カウンセリングで目指すこと

◯ わたしは大丈夫!カウンセリングで目指すこと

 

名古屋の臨床心理士いまいです。

 

 

わたしは寒さが苦手なので

 

冬の間は

「早く春になって〜」

といつも思っています。

 

 

「今年こそ寒がりを克服したい!」

 

そんな思いがあり

1ヶ月ほど前から

「湯たんぽ」をつかってみました。

 

 

感想は

 「もっと早くからつかえばよかった」

 

 

わたしの場合

からだがあったまると

ものすごくホッとするんですよね。

 

 

あと、もしかしたら

「寒くても、湯たんぽがあるから大丈夫」

というプラセボ効果も

あるかもしれません…(笑)

 

 

「わたしは大丈夫」

と思えるって

すごく大切だと思っています。

 

 

 

 

たとえば、大人気の絵本

「ラチとライオン」

 

 

ラチは臆病な少年だったけど

強いライオンが

そばにいると思ったことで

勇気のある少年になりました。

 

 

わたしも…

学生の頃たった1日で一人暮らしを

断念したほどの怖がりでしたが

 

数年後、オーストラリアの森の中

たった一人で寝ることができました。

 

それは

「お守りのぬいぐるみがあるから大丈夫」と思ったから(笑) 

 

 

こんな風に

「わたしは大丈夫」

と思えるか思えないかって

すごくすごく大きいと思います。

 

 

20年前、怖がりなわたしと一緒に寝てくれたのはこの子♡オーストラリアで男の子がプレゼントしてくれました。

苦手なことや嫌なことは

そのままにもできるけど

 

挑戦したい

克服したいなら

 

「わたしは大丈夫!」

と思える、そんななにかを

探してみることが大事だとわたしは思います。

 

 

湯たんぽの話から

かなり大きな話へと展開してしまいましたが…(笑)

 

 

 

宣伝になるかもしれませんが

わたしのカウンセリング

クライエントさんが

「わたしは大丈夫」

と思えるようになることを目指しています。

 

 

おこがましいですが

ラチとライオンのライオンのような

存在になれたらと思っています。

 

 

関連記事

母に感謝していること

 

いまい ちづこ(チャームポイントLab.主宰 )

臨床心理士・専門健康心理士 

博士(人間科学:早稲田大学)


もっと自分を大切にしよう

◯ もっと自分を大切にしよう

 

名古屋の臨床心理士いまいです。

 

 

学生の頃

すごく大好きなお店があったんですね。

 

そのお店のリゾットが

とにかくすきで

行くたびに注文していました。

 

 

でも、ある時

そのリゾットを食べた後

毎回体調不良になっていることに

気づいたんです。

 

 

だいすきだったので

ショックでした(◞‸◟) ...

 

 

わたしのように

本当はすきだけど

からだにあわないから食べられない

という方は多いですよね...

 

 

一方、こころのことだと

わたし達は、食べ物の時とは

違った行動をしてしまいがちです。

 

 

どういうことかというと

 

あることを経験すると

 

毎回イライラするのに

毎回おちこむのに

 

その原因をとりのぞこうとはせず

また同じことを繰り返しているのです。

 

 

 

自分にあわない食べ物なら

すぐに排除するのに

自分にあわない考え方や行動は

ずっとそのまま

 

そういう方が多いなと感じます。

 

 

去年の夏、苦手な虫(コクワガタ)をさわることができました!

 

「こういう性格だから仕方ない」

 

 

そう思われている方はとても多いです。

 

でも、わたしは

性格はこれまでの行動で

身につけてきたものだと考えています。

 

だから

新しい行動を身につければ

違った性格(とよばれるもの)になることだって

本人が望むなら可能だと思っています。

 

 

最新の科学的な研究でも

自分を心地よくする心がまえや

自分を大切にする心がまえは

トレーニングによって

身につけられることがわかっています。

 

 

もし、いま、日々のくらしの中に心地よさを感じていないなら

一緒にトレーニングしてみませんか。

 

便利なオンラインセッションもご用意しています。

 

 

関連記事

今を楽しむためにできること

 

 

公認心理師・臨床心理士・専門健康心理士

博士(人間科学:早稲田大学)

早稲田大学人間科学部通信教育過程教育コーチ

NHK文化センター講師(マインドフルネス)



今を楽しむためにできること

◯ 今を楽しむためにできること

 

名古屋の臨床心理士いまいです。

 

わたしの趣味は

片づけの本やブログを読むこと。

 

 

なので

片づけに関する本を

たくさん読んできました。

 

 

長年、片づけとは

無縁の生活をおくっていたので

なぜここまで片づけに夢中になるのか

自分でも不思議でした。

 

 

でも、最近ふと思ったのは

片づけとわたしが普段から

大切にしていることに

共通点が多いからなのかもしれません。

 

 

というのも 

本を読んでいると

こんなフレーズをよく目にするんですね。

 

 

過去へのこだわりを捨てて

今を生きよう

 

 

家が片づかない方に

共通しているのは

 

 

「過去」に大事だったものや

「未来」に使うかもしれないもの

を大切にするあまり

 

一番大切な「今」が

暮らしにくくなっていること。

 

 

子ども部屋が必要なのに

物置部屋になっていて

つかえなかったり

 

リビングが

必要でないものにあふれ

落ちつかないスペースに

なっていたり

 

 

一番大切な「今」が

暮らしにくい状態になっています。

 

 

 

心の世界も同じで

 

過去や未来のことばかりに

とらわれていると

『今』を楽しむことができません。

 

 

『あの時ああすればよかった』

 

 

誰でもあると思います。

私も思いだすだけで

眠れなくなるほどの大きな後悔があります。

 

 

でも、残念ですが

考えても考えても

悔やんでも

過去には戻ることはできません。

 

 

それだったら

今の自分にできることを

精一杯やる。

 

 

この方が

これから何十倍も

幸せを感じられます。

 

 

 

研究でも

過去の出来事について

くよくよ考えることによる

心のダメージが報告されています。

 

 

だからこそ

セッションでも必要な方には

「今を大切にする」ための

トレーニングを行なっています。

 

 

今を大切にする。

 

シンプルですが

ものすごく大事なことだと思います^^

  

 

関連記事

コンマリさんに学ぶ!諦めてしまう人に共通の考え方

 

 

公認心理師・臨床心理士・専門健康心理士

博士(人間科学:早稲田大学)

早稲田大学人間科学部通信教育過程教育コーチ

NHK文化センター講師(マインドフルネス)



カウンセリングのよさ

◯ カウンセリングのよさ

 

名古屋の臨床心理士いまいです。

 

今日は、カウンセリングのことを書きます。

 

 

クライエントさんと話していて

よくいわれることがあるんですね。

 

 

その1つが

 

「こんな話をしてすみません」

 

「こんな話きくの嫌じゃないですか?」

 

といったものです。

 

 

いい人ぶってるわけではなく

そんな風に思ったことは一度もありません。

 

 

むしろ

つらかったり

苦しかったりすることを

勇気をもって

わたしに話してくださったことを

うれしく思っています。

 

 

だから、まったく気になさらずに

どんどん話してもらえたら嬉しいです。

 

 

・ 

 

何より

カウンセリングのよさは

守秘義務があること。 

 

 

カウンセリングは

守られた安全な場所です。

 

 

なりたい未来に近づけるように

どうしたらよいのかを

ぜひ一緒に考えていきましょう。

 

 

 

関連記事

カウンセリングで得られるもの

 

公認心理師・臨床心理士・専門健康心理士

博士(人間科学:早稲田大学)

早稲田大学人間科学部通信教育過程教育コーチ

NHK文化センター講師(マインドフルネス)



うまくいっている人の行動

◯うまくいっている人の行動

 

名古屋の臨床心理士いまいです。

今日は長所について書きます。

 

 

自分のよさがわからない

と起こりやすいことがあります。

 

 

企業の例を考えると

わかりやすいのですが

 

 

たとえば

 

高級ブランドとして

売りだしていて

そのイメージが世間に浸透し

うまくいっている

 

 

それなのに...

 

 

ある日突然

高級イメージを壊すような

場所で売りはじめてしまう。

 

 

「え〜なんでそこで売るの??」

「なんでそことコラボするの??」

 

と思うことってないですか。

 

 

経営のことはわかりません。

 

でも、周りからみると

みずから自分の最大の武器を

手放しているようにみえます。

 

そこまで長い期間かけて

築いてきた企業イメージを壊し

結局は、自分のよさ(売り)を

なくしてしまっているように感じます。

 

 

これと同じようなことを

私たちは自分にしがちです。

 

 

自分のよさがあるのに

それを無視した行動を

してしまうことです。

 

 

その結果

うまくいかずに苦んでいる。

 

 

 

うまくいっている人は

自分のよさを知っています。

 

 

さらにいえば

自分のよさだけでなく

自分の苦手なことも知っています。

 

 

私たちは

「うまくいくのは完璧な人だから」

と思ってしまいがちですが

 

必ずしも完璧だから

うまくいっているわけではないんですね。

 

 

ただただ

自分のよさをいかしているだけ。

 

 

 

「こうしなきゃ」

「ああしなきゃ」

 

と思う前に

 

いますでにもっている

自分のよさを大切にしてみませんか^^

 

 

関連記事

悩みを解消するために必要な考え方

 

 

公認心理師・臨床心理士・専門健康心理士

博士(人間科学:早稲田大学)

早稲田大学人間科学部通信教育過程教育コーチ

NHK文化センター講師(マインドフルネス)



自分のよさがわからない理由

◯自分のよさがわからない理由

 

名古屋の臨床心理士いまいです。

 

 

3年半前起業したとき、屋号を考えました。

 

 

いろいろ考えた結果

 「チャームポイントLab.」に決めました。

 

 

どうしても

"チャームポイント"

とつけたかったんです。

 

 

なぜかというと

 

チャームポイントに

気づいてない方が多いから...

 

 

悩んでいる方

自信のない方の多くは

 

ものすごく素敵なのに

 「私なんて何もない…」

 と思い込んでいます。

 

 

そして

その思い込みが

苦しい現実につながっていることに

気づいていません。

 

 

そういう私も...

 

心理学を学ぶ前は

履歴書の「長所」欄に

何を書いたらいいのかわかりませんでした。

 

 

「長所なんてない」

と思いこんでいたので

履歴書のマニュアルを参考に

あたりさわりのないことを書いていました。

 

 

 

かつての私のように

長所がないと思っている方には

ある共通点があります。

 

 

それは

 「いつも誰かとくらべている」ことです。

 

 

料理はすきだけど、母のようにはできない

片づけはすきだけど、あの人にはかなわない

 

こんな風に

意識はいつも“外”を向いています。

 

 

「世界で1番」

「国で1番」

「県で1番」

「市で1番」

「町内で1番」

「親戚で1番」

 

でなければ長所といえないなら

この世界は「長所がない」人ばかりです。

 

 

そんなこと、ないですよね。

 

 

 

自分のよさに気づくと

自分を大切にできるようになります。

 

 

これは、

私自身の経験だけでなく

クライエントさんをみていてもそう感じます。

 

 

 

ただ

究極の理想をいってしまえば

 

チャームポイントがあるかどうかの次元をこえて

「何があっても自分は愛される存在」

ということを感じられることなのですが…

 

この辺りはまた書きたいと思います。

 

 

 

チャームポイントLab.

 

この名に恥じぬよう

これからも精進していきます!

 

 

関連記事

2019年はこんな年になる

 

いまい ちづこ(チャームポイントLab.主宰 )

・臨床心理士・専門健康心理士 


女性を悩ます「家庭」か「仕事」か問題

◯女性を悩ます「家庭」か「仕事」か問題 

 

名古屋の臨床心理士いまいです。

 

わたしは、3年半前にチャームポイントLab.を立ちあげました。

 

 

個人で活動しているので

「これから仕事をはじめたい」

と考えている方も相談にこられます。

 

 

「子育てしながら仕事を続けたい」

 わたしも同じ思いです。

 

 

実は結婚する前は

仕事をせずに家にいたいと思っていました。

 

でも、人って変わるんですね...

仕事が大好きなことに気づきました。

 

 

なので今は

「仕事か家庭か」ではなく

「仕事も家庭も」と思っています。

 

 

「どんな風に生きたいか」

を考えることはすごく大事です。

 

 

「自分の人生は自分でデザインする」

この考えが私はすきです。

 

 

そうはいっても

 

「母親だからできない」

「妻だからできない」

 

できない理由は

いくらでもうかんでくるんですよね...

 

 

 

でも、本当にやりたいなら

できることから始めることです。

  

 

八方ふさがりに感じていても

「今」できることは必ずありますから。

 

 

あなたのチャレンジ、私は応援したいです!

 

公認心理師・臨床心理士・専門健康心理士

博士(人間科学:早稲田大学)

早稲田大学人間科学部通信教育過程教育コーチ

NHK文化センター講師(マインドフルネス)



子育てのカウンセリングで表面化されるもの

◯子育てのカウンセリングで表面化されるもの

 

名古屋の臨床心理士いまいです。

今日は子育てのことを書きます。

 

===

 

お母さん自身がこれまで抱えてきた悩みが、子育てを通して一気に表面化されるのはよくあることです。

 

 

たとえば、チャームポイントLab.によせられる悩みで多いのは

 

しつけができていない母親だと思われるのではないか…

→ 元々、周りの人からの評価を過度に気にしてしまう性格だった

 

イライラがコントロールできず、子どもにきつくあたってしまう…

→ 元々、感情のコントロールが苦手だった

 

周りに頼まれると断れない

→ 元々、アサーションするのが苦手だった

 

ママ友とどう付き合ったらいいのかわからない

→元々、周りの人からの評価を過度に気にしてしまう、アサーションが苦手だった

 

などです。

 

このように、子育てを通じて、自分の「考え」や「感情」にはっきりと気づく方が多いです。

 

そして「自分のことならそのままにできたが、母親としては解決したい」ということでご相談にこられる方が多いのです。

 

***

 

別に母親は完璧な存在でなくてもかまいません。

 

でも、母親自身が「自分を愛し、ありのままの自分を認めている」ことは、子どもにとってもとても大事なことだと私は考えています。

 

育児は育自。

 

大変なことももちろんありますが、子育てを通じて、子どもと一緒に成長できたら素敵ですよね。

 

 

公認心理師・臨床心理士・専門健康心理士

博士(人間科学:早稲田大学)

早稲田大学人間科学部通信教育過程教育コーチ

NHK文化センター講師(マインドフルネス)


カウンセリングを利用している理由 私が◯◯だから

◯カウンセリングQ&A:カウンセリングを受ける理由②

 

名古屋の臨床心理士いまいです。

今日はカウンセリングのことを書きます。

 

===

 

前回もご紹介したように、チャームポイントLab.のカウンセリングは、さまざまな目的でご利用いただいています。

 

ちなみに前回ご紹介したのは「リフレッシュのため」というものでした。

 

今日は、リフレッシュ以外の理由についてご紹介します。

 

チャームポイントLab.のカウンセリングをご利用くださる理由としてよくうかがうのは「他のママはどんな子育てをしているのか知りたかった」というものです。

 

プロフィールにも書いていますが、私には小2と年長の息子がいます。

なので「こういう時どうしていますか」というご質問をよくいただきます。

 

 

子育てをしていると

 

「こんなとき、他のママはどうしているんだろう?」

「このままのやり方でいいのかな?」

 

などとふと心配になることってありますよね...

 

ただ、仲のよい友だちにはききにくいこともあると思います。

 

私はカウンセラーですのでお友だちとは少し違った立場ですが、同じ子育て世代の母親として、私の子育て経験が少しでも参考になればと思っています。

 

 

カウンセリングというと「深刻な悩みを相談する場所」のように思われ躊躇される方も多いのですが、このように当カウンセリングルームには「ちょっとした日常の悩み」にもご利用いただいています。

 

これからもみなさんの心を明るくする、そんな場所であり続けたいと思っています。

 

 

 

公認心理師・臨床心理士・専門健康心理士

博士(人間科学:早稲田大学)

早稲田大学人間科学部通信教育過程教育コーチ

NHK文化センター講師(マインドフルネス)


カウンセリングで得られるものとは? 

◯カウンセリングを受けようと思った理由

 

 

名古屋の臨床心理士いまいです。

 

今日はカウンセリングのことを書きます。

 

 

チャームポイントLab.のカウンセリングは

さまざまな理由で

ご利用いただいております。

 

 

カウンセリングというと

「特別な悩みがある方が受けるもの」

と思われている方も多いと思いますが

 

「リフレッシュしたい!」

 

という理由で

定期的にご利用いただいている方もいます。

 

 

「最近、こんなことがあったんです」

「子どもが◯◯できたんです」

「夫に◯◯といわれて」

 

 

こんな風に

カウンセラーに近況を話し

自分の気持ちを

整理することによって

リフレッシュされる方もいます。

(特別な場合を除いて、カウンセリングには守秘義務があります。家族やお友達にはいえないことも、安心してお話いただけます)

 

 

「リフレッシュにカウンセリング?」

とびっくりされた方も

いらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

 

専門的にいえば

カウンセリングは3つにわけられます。

 

 

その3つとは

「一次予防」

「2次予防」

「3次予防」です。

 

 

 

リフレッシュ目的というのは

「一次予防」にあたります。

 

 

今あるこころの健康を

キープするために

受けていただくものだからです。

 

 

カウンセリングを受けてリフレッシュ

こころの状態が整う

深刻な状態に陥りにくくなる

 

 

わかりやすくいうと

このようなイメージです。

 

 

私はこの一次予防

としてのカウンセリングも

とても重要だと思っています。

 

 

こころの状態が深刻化する前に

未然に予防できたら

ご本人だけでなく

親子関係や夫婦関係にも

よい影響があると思うからです。

 

 

イライラして子どもにあたってしまう。

イライラして旦那さんにやさしくできない。

 

 

そんな時はストレスがたまっているサインかもしれません。

  

リフレッシュ目的にもどんどんご利用くださいね。

 

 

関連記事

カウンセリングの内容と特徴

 

公認心理師・臨床心理士・専門健康心理士

博士(人間科学:早稲田大学)

早稲田大学人間科学部通信教育過程教育コーチ

NHK文化センター講師(マインドフルネス)


口コミが重要?名古屋のカウンセリング

口コミ・名古屋のカウンセリング

○口コミが重要?名古屋のカウンセリング

 

臨床心理士の今井です。

 

今日は、カウンセリングにおける「口コミ」の役割について書きます。

 

===

 

私は通販を利用する時「口コミ」を参考にしています。

 

買いたい!と思っても「あまりよくない」というレビュー(口コミ)が多いと購入をみおくることも...

 

逆に「すごくよい」というレビューが多い場合は、安心して購入できます。

 

私のように、口コミ(レビュー)を参考に商品を選ばれる方も多いのではないでしょうか。

 

 

一方で、カウンセリングは、口コミがなかなか得られにくい分野です。

 

なぜなら、誰にもいわずにカウンセリングに通っている方がとても多いからです。

 

それでは、どうやってカウンセラーを選べばよいのでしょうか。

 

 

以前にも書きましたが、私は「カウンセラーの専門性」が選ぶ際のヒントになると思っています。

 

同じ臨床心理士であっても、専門性によってカウンセリングの進め方が違うからです。

 

私は「認知行動療法」が専門ですが「精神分析」や「来談者中心療法」を得意とする専門家も多くいます。

 

 

 

また、同じ流派であっても、カウンセラーによって物事へのとらえ方は違います。

 

カウンセリングは、カウンセラーとの相性も大事ですので、カウンセラーがどんな人物なのかを事前に把握しておくと安心だと思います。

 

そのためには、カウンセラーのブログや書籍が参考になると思います。

  

 


公認心理師・臨床心理士・専門健康心理士

博士(人間科学:早稲田大学)

早稲田大学人間科学部通信教育過程教育コーチ

NHK文化センター講師(マインドフルネス)


名古屋のカウンセリング料は安い?高い?

名古屋のカウンセリング料は高い?

 

こんにちは。公認心理師・臨床心理士の今井です。

今日は、カウンセリングのことを書きます。


公認心理師・臨床心理士・専門健康心理士

・博士(人間科学:早稲田大学)

早稲田大学人間科学部通信教育課程教育コーチ

・元小学校(こども園)のカウンセラー、元学習支援員

・プライベートでは、小学3・1年男児の母です。

さらに詳しいプロフィールはこちらから



 

カウンセリングの料金については

1時間8000円以上の施設が多いと思います。

 

「どうしてそんなに高いのだろう?」

と思われている方もいるかもしれません。

 

 

これはあくまで私の場合ですが

 

当日のセッションを行うためには、

セッション前の準備の時間と

セッション後の整理の時間が必要です。

 

セッション前の準備としては、

ケースにまつわる最新情報を整理し、

クライエントさまに最適な方法を検討しています。

 

また、セッション後には、

ケースを振り返りとともに

次回のセッションに向けて

どうしたらよいのかを検討しています。

 

 

また、カウンセリング料金には、

カウンセリングの場所代や

交通費も含んでおります。

 

 

あまりに低価格だと、

生活していくためには

どうしても数を増やさなければなりません。

 

 

そうすると、セッションの準備や

振り返りの時間が少なくなり、

結果的に”よい状態”で

カウンセリングに望むことが

できなくなってしまいます。

 

*オンラインカウンセリングの場合は、場所代や交通費の負担がないため、当オフィスの場合は対面で行うカウンセリングよりも料金を割安に設定しております。

 

これは私の意見ですが

カウンセリングを選び時には

ただ「安い」という理由だけで選ぶと

かえって症状を悪化させてしまうこともあります。

 

 

たとえば

カウンセラーの中には

数日〜数ヶ月で取得できる資格を

かかげて活動されている方も多くいます。

(日本では誰でもカウンセラーとなのることができます)

 

 

短期間でとれる資格のカウンセラーが

一概に良い・悪いとは言えません。

 

 

ただ、大切な心を扱うためには

十分な専門的知識(学び)が

必要だと私は考えています。

 

 

そのために私は25歳から

早稲田大学に再入学し、

7年かけて臨床心理士と

専門健康心理士を取得しました。

 

 

現在は、国家資格である

公認心理師でもあります。

 

 

専門的な知識をもたずに、

カウンセラーとなのっている方は

とても多いので、選ぶ際は

カウンセラーの専門性についても

確認した方がよいと思います。

 

詳しくはプロフィールをご覧ください。

 

 

また、カウンセリングでは

カウンセラーとの相性も大切です。

 

せっかくカウンセリングを受けても

不快な思いばかりがつのるなら

逆効果となります。

 

話をしていて

心地よいカウンセラーや

力がわいてくるカウンセラーが

よいと私は思います。

 

そのためには

カウンセラーのブログ等も参考になります。

 

私もさまざまな媒体で、日々の気づきや思いを発信しています。

 

チャームポイントLab.公式ブログ

twitter

 

相談機関を迷われている方の

参考になれば嬉しいです。

 

 

関連ページ: わたしのこと

 

セッションの詳細はこちらから

お申し込みはこちらから

お問い合せはこちらから

 

公認心理師・臨床心理士・専門健康心理士

博士(人間科学:早稲田大学)

早稲田大学人間科学部通信教育過程教育コーチ

NHK文化センター講師(マインドフルネス)


当オフィスの特徴


どんなお悩みもじっくり、丁寧におうかがいしています

お客さまからのご感想で多いのが「話しやすかった」というもの。

どんなお悩みも親身になって、じっくり丁寧におうかがいすることをお約束いたします。ぜひ安心してご相談ください。

 

参考 〜お客さまからいただいたカウンセラーの印象〜

・私は話すことが苦手で、話がまとまらないのですが、先生はとても親身になって、また何も否定することなく聞いてくださるので、どんどん話してしまいます(30代・女性)

・明るくて話しやすい。やわらかい雰囲気が第一印象にあったので、話しやすさがある。解決に向けて一緒に進んでいってくれる感じがする。責められたり、否定されない安心感がある(20代・女性)

・ふんわりとしたやわらかい印象の方で、私の話をひたすら聞いてくださいました。いつも励まし、辛い気持ちに共感してくれました。とても話しやすい方でした(40代・女性)

・否定されることが一切なく、受け入れてくださったので温かい印象でした。同じ子育て世代なので共感もありました(30代・女性)

・同じ「母」という立場でもあり、話しやすいです(20代・女性)

 

専門的知識をもった経験豊富な女性の臨床心理士が担当します

すべてのセッションを担当するのは、経験豊富な女性の臨床心理士・公認心理師です。

大学での講師経験もあり、専門的な知識に基づくサポートが可能です。

日常生活で取り組めるようにサポートします

続きを読む

信じていること:名古屋のある臨床心理士(カウンセラー)の場合

 ◯信じていること 名古屋のある臨床心理士(カウンセラー)

こんにちは。臨床心理士のいまいです。

୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧

公認心理師・臨床心理士・専門健康心理士

・博士(人間科学:早稲田大学)

早稲田大学人間科学部通信教育課程教育コーチ

・元小学校(こども園)のカウンセラー、元学習支援員

・プライベートでは、小学3・1年男児の母です。

さらに詳しいプロフィールはこちらから


୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧

 

わたしは女性のためのカウンセリングや心理学のレッスンをしています。

 

一人で悩み続けずもっと気軽に相談してもらえたら

という想いで、3年前にチャームポイントLab.を立ちあげました。

 

この思いは、活動を続けるなかでさらに強くなっています。

 

 

一人で悩み続けた結果

「自分のこと」や「誰かのこと」を責めてしまい

夫婦関係や子育てがうまくいかなくなっている方が

とても多いからです。

 

 

お客さまが口々におっしゃるのは

「もっと早く相談すればよかった」

ということ。

 

 

誰にも言えず苦しかった気持ちを語ることで心が楽になったり

自分の悩んでいることが「特別」でないことを知ることで安心される方も多いです。

 

 

日本では「カウンセリング」というと

まだまだ抵抗感を感じる方が多いようですが、

海外ではカウンセラーに相談するのは特別なことではありません。

 

カウンセリングを受け、

自分の心と向き合うことは

むしろ一般的なこととされています。

 

 

誰かに話したい

わかってほしい

自分を見つめなおしたい

 

もしそう感じているなら

ぜひ一度チャームポイントLab.をご利用ください。

全国どこからでもご相談可能です。

 

 

少しでもお力になれるよう

心を込めてサポートすることをお約束いたします。

 

୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧

名古屋のカウンセリング チャームポイントLab.では、「相談する(カウンセリング)」・「学ぶ」・「サポートする」という3タイプのサービスをご提供しております。詳細は各ページをご覧ください。

相談する

公認心理師・臨床心理士を有する女性のカウンセラーが丁寧にお話をうかがいます。安心してご利用ください。

・子育ての悩み

・夫婦関係の悩み

・恋愛・婚活の悩み

・人間関係の悩み

・自己実現のご相談

・リラックス

学ぶ

親が子育ての知識やスキルを学ぶ、ペアレントトレーニング。お子さんへの対応を具体的に学ぶことができます。

子どもにイライラする、子育てに自信がない、かんしゃくに悩んでいる、叱ってばかりいる、子育てにストレスを感じる、相談相手がいない

サポートする

保護者さまを対象とした個別相談、気になるお子さんや先生方への支援サポートを行わせていただきます。

・保護者を対象とした個別相談

・気になるお子さんへの支援

・保護者へのお話会

・職員対象の勉強会


୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧

ご相談者さまの多くは

 

「○○ができない」と感じていたり

「私なんて...」などと自分を否定されています。

 

かつての私もそうだったので

そう思ってしまうお気持ちはとてもよくわかります。

 

 

でもそれと同時に、

これまでの心理学の研究や

私自身の経験から

その考えから抜け出せることもわかっています。

 

 

一人で悩み続けず、気軽にご相談いただけたら嬉しいです。 

 

関連ページカウンセリングの特徴ご相談者様の声プロフィール

 


悩みを解決するために必要な考え:生きづらさ

自分はどうありたいか カウンセリングで考えること

◯ 悩みを解決するために必要な考え:生きづらさ

 

名古屋・長久手・日進 臨床心理士のいまいです。

 

 

ここ最近

「自分はどうありたいのか」

というキーワードが

たくさん目に入ってきます。

 

 

ちょっとしたブームなのかもしれません。

 

 

 

でも、私はこの

「自分はどうありたいか」

という概念は

とても大事だと思っています。

 

 

なぜかというと、

「自分はどうありたいのか」

がわかっていないと

いっけん悩みが

解決したようにみえても

本質的な悩みは

解決できていないからです。

 

 

「自分はどうありたいのか」

をしっかり考えていないと

新たな問題が出てきた時に

また悩みはじめてしまうのです。

 

 

ですので、セッションでは

 

もし、他人の目を気にしないとしたら

もし、自分で自由に選べるとしたら

 

本当はどうありたいかを

じっくりおうかがいしています。

 

 

 

この「自分がどうありたいか」がわかれば

それに向かって歩いていくだけです。

 

 

横道にそれそうになっても

簡単に軌道修正することもできます。

 

 

以前よりも周囲の雑音が

気にならなくなる方も多いです。

 

 

「自分はどうありたいのか」

幸せに生きるための

大事なキーワードだと思います。

 

関連記事

自分のよさがわからない理由

 

公認心理師・臨床心理士・専門健康心理士

博士(人間科学:早稲田大学)

早稲田大学人間科学部通信教育過程教育コーチ

NHK文化センター講師(マインドフルネス)