産後クライシス 夫のことが嫌いな妻

◯ 産後クライシス 夫のことが嫌いな妻

 

名古屋の臨床心理士いまいです。

今日は夫婦のことを書きます。

 

===

 

産後を通じて、仲が悪くなってしまう夫婦は多いです。

 

これは調査でもわかっています。

 

たとえば

 

「配偶者といると本当に愛していると実感するか?」

 

という質問をしたところ、年々愛情がうしなわれていく傾向にあります。

 

特徴的なのは、夫への愛情の急落です。

 

 

参考:愛していると実感する人の割合

  • 妊娠時期:夫74.3%、妻74.3%
  • 0歳時期:夫63.9%、妻45.5%
  • 1歳時期:夫54.2%、妻36.8%
  • 2歳児期:夫51.7%、妻34.0%

 ベネッセ次世代育成研究所調べ)

 

=====

 

夫婦関係に悩む女性の意見で多いのは

 

妊娠中や産後の大変な時に

 

「全然手伝ってくれなかった」

「やさしくしてくれなかった」

 

というものです。

 

夫から過去にされたことを忘れられずに苦しまれています。

 

 

「あの時されたことは絶対忘れない」

 

お気持ちはすごくわかります。

 

でも、一番近くにいる相手への憎しみや失望感、絶望感を抱えながらの生活はあなたに大きなストレスをもたらします

 

相手への負の感情は、結果的にあなたを苦しめています。

 

 

「夫は嫌いだけど、今は子どものために別れられない」

 

もしそう考えているなら、お子さんのためにも少しでも夫婦関係がよくなる方法をみつけていきましょう。

 

”大好きなお母さんとお父さんがいがみあっている”

 

この状態はお子さんにとってもしんどいからです。

 

・ 

 

カウンセリングでは

 

自分を苦しめる考え方をしていないか

 

自分を幸せにできる考え方はないか

 

を考えていきます。

 

また、過去ではなく「今」をいきるために必要なトレーニングをしていきます。

 

<参考>ご夫婦の悩みのアプローチ例

 

 

カウンセリングは万能ではありません。

 

でも、自分と向きあうことで長年の苦しみから解放される方もいらっしゃいます。

 

諦めることも必要です。

でも、諦めるのはすべてをやりきってからでも遅くはありません。

 

一人で悩んでいるなら、ぜひ一度ご相談ください。

 

いまい ちづこ(チャームポイントLab.主宰 )

・臨床心理士・専門健康心理士 


産後の父親にみられること:父親の育児

◯産後の父親にもみられやすくなること:名古屋の育児相談

 

名古屋の臨床心理士いまいです。

今日は産後の父親について書きます。

 

===

 

母親の「産後の気分の落ち込み」はよく知られています。

 

でも、意外に知られていないのが『父親』の産後です。

 

ある研究では

  • 出産後8週間の間に、3.6%が情緒不安定・イライラ症状がみられる。
  • 新しく父親になる方の10%ほどがうつ状態に苦しんでいる。

ことがわかっています。

 

***

 

女性の場合、産後に気分が落ち込む原因の1つとして、急激なホルモンの変化が指摘されています。

 

父親の場合はそれはないため

『環境の変化が引き起こしている』と考えられています。

 

*前にもご紹介しましたが、ストレスは「ネガティブな出来事」だけが引き起こすものではありません。ポジティブな出来事でも、人はストレスを感じます。

 

「子どものためにがんばらなきゃ」

という責任感から、肩にぐっと力がはいる(プレッシャーを感じる)男性も多いです。

 

***

 

夫婦ともに、気持ちが不安定な時は、些細なことでイライラしケンカにつながりやすくなります。

 

だからこそ、この時期できるのは、夫婦ともに完璧を求めすぎないこと。

 

今は、赤ちゃんが最優先。

それ以外の部分(家事など)はおおめにみる。

 

私も夫と、そんな感じでのりこえてきました。

(上の子の時は、母に手伝ってもらいませんでした)

 

 

「お互い大変な時期なんだ」

「一緒にがんばろうね」

 

難しいけどもしそう思えたら、ふたりの中で何かが変わってくると私は思います。

 

みなさんはどう思われますか?

 

いまい ちづこ(チャームポイントLab.主宰 )

・臨床心理士・専門健康心理士 


産後クライシス!? 産後のイライラは解消できるのか

産後クライシス:名古屋夫婦カウンセリング

○ 名古屋の夫婦カウンセリング 産後クライシス 

 

こんにちは。名古屋の臨床心理士いまいです。

今日は夫婦のことを書きます。

 

===

 

私は12年前に結婚しました。

交際期間も含めると、夫とは約20年の長い付き合いになりますが、今も心地よい関係が続いています。

 

 

ですが、そんな私たちにもピンチな時期がありました。

 

 

それは、長男を産んでからの数年間のことです。

今考えると、”産後クライシス”です。

 

 

慣れない育児

体調不良(ホルモンバランスの変化)

急激な環境の変化

 

これらがかさなり、私は夫に対して、今まで感じたことのない「いらだち」を感じていました。

 

 

夫は当時の私を「ピリピリしてて怖かった」といっています ^^;

 

 

でも、育児になれた頃、少しずつ気持ちもおちつき、また以前の私に戻っていきました。

 

 

このような私自身の経験だけでなく、産後の研究からも、産後の自分は「これまでの自分ではない」と冷静にながめておくのがちょうどよいと私は思っています。

 

*男性にも同じようなことが起こるといわれています

「産後の父親にみられやすいこと」

 

 

そして、個人的にはこの時期に「重要な決定」はしない方がよいと思っています。

 

たとえば、産後数年は離婚率が最も高いといわれます。

 

でももし本来のあなたでないとしたら

まだやり直せる可能性があるかもしれません。

(命の危険がある場合や、緊急性の高い場合は話は別です)

 

 

 

新しい家族が加わる。

これは家族の「大転換」です。

 

当然、これまでの「夫婦ふたり」のやり方では通じなくなります。

 

だからこそ、最初はケンカがふえるかもしれないし

うまくいかないことも多いかもしれません。

 

それでも、またあらたに一歩ずつ

あきらめずに少しずつ「調整」していくことが大切なのだと思います。

 

そして、このとき、どんな「調整」をするかで、新しい家族の形ができあがっていくのだと私は思っています。

 

 

関連コラム

パートナーとの関係がこじれやすい考え方とは

 

関連ページ:夫婦関係の悩み:アプローチ例

関連ページ:夫婦関係の悩み:研究報告

 

いまい ちづこ(チャームポイントLab.主宰 )

・臨床心理士・専門健康心理士