柏(千葉)・全国(オンライン) 臨床心理士による安心のペアレントトレーニング(子育て講座)

「子どもを叱ってばかり」「かわいいと思えない」毎日ヘトヘトになるまでがんばっているお母さんのための子育て講座です。

こんな方におすすめのレッスンです

  • 毎日子どもを叱ってばかりでどうしたらいいかわからない
  • 子どもをほめて育てたいが、ほめることが苦手である
  • 子どものかんしゃくがひどく困っている
  • 子どもとどう関わったらいいのかわからず困っている
  • 子どもの言動にイライラしてしまう
  • 子育てに自信がもてない
  • 信頼して相談できる相手がいない
  • 子どものやる気や自己肯定感を高めたい
  • 子育て(心理学)の勉強をしてみたい!

ペアレントトレーニングご受講者さまのご感想(掲載のご許可をいただいております)

Q「ペアレントトレーニングを受けてよかったことは?」

後から考えて後悔するような怒りに任せた言動が減りました。また「子供をよく観察し褒め、話を聴く」「望ましい行動が生じやすくなる条件、きっかけを工夫する」「伝え方に気を付ける」このような事を心がけるようになり、いつもの悪循環に陥ることがなくなりました。今でもチックや学習面の事は気になります。しかしそれらの事で彼のすべてが嫌!ではなく、そういう部分も息子の一部、出来ていない事もいつかできるだろうと考えられるようになってきたと思います。少しずつですが。何より良かったと思うことは、毎朝笑顔で「行ってらっしゃい」が言えて笑顔で「おやすみ」が言えるようになった事!!以前は心配、不安、不満が多く、気持ち良く送り出し、穏やかに一日を終えることが出来ない日が多かったので。。

 

まずは、子供が再び可愛くてたまらない!と思え、子供と毎日楽しいね~と話せるようになったことです。また、子供の問題行動が改善し、子供が思っている気持ちや愚痴を言ってくれるようになったこと、また新たな問題が出て来てもペアトレで学んだことをもう一度実践すれば良い、という安心と自信を得られたことも大きいです。更には子供との関係だけでなく私のケアをしてくださり、私の考え方のクセにもアドバイスをいただけましたので、気付いたら私自身の悩みも解決していました。

子どもが何かをこぼしたり汚したりといった、私がちょっとイラッとしかかったときに、子どもが「まぁ、いっか」とよく言います。前は「まぁ、いっかじゃないよ!」とイライラしてましたが、最近は「そうだね、まぁ、いっかだね」と言えるようになってきました。子どもはずっと教えてくれていたんだなと思うと同時に、その言葉を受け入れられるようになってきた自分にほっとしています。「まぁ、いっか」と私が言うと、子どもはとびきりの笑顔を見せてくれます。こちらもニコニコで後片付け。イライラしながら後始末するより、断然幸せです。「まぁ、いっか」と言うことで、失敗してもまたやり直せばいいと少しずつ考えられるようになってきました。失敗を恐れ不安が強くなり、硬くなっていた心が少しずつ変わっていけるような気がしています。

今井先生からのアドバイスをできる範囲で実践してみたらあれだけひどかった娘のかんしゃくが目にみえるようにおさまってきました。夫も喜んでおりますし、私自身もうれしく思っています。

 

育児のアドバイスだけでなく、私自身のココロのケアもしていただけるので、カウンセリングを通じて1つずつ視野が広がっていくのが実感できます。


✧ この他にも「受講した理由」「担当者の印象」などのご感想をいただいております。また、他のご受講者さまからもお声をいただいております。

担当者 公認心理師/臨床心理士 いまいちづこ(IMAI Chizuko)PhD

 カウンセリング・コーチングサロン チャームポイントLab.代表
⌖ 公認心理師・臨床心理士・専門健康心理士

 短大卒業後社会人経験を経て、博士(人間科学:早稲田大学)学位を取得

 早稲田大学人間科学部通信教育課程教育コーチ

 元NHK文化センター講師(マインドフルネス)

 元小学校のスクールカウンセラー

 メディア実績 「ママリ」「Kao PLAZA」など

 8歳10歳男児母


✿ 心の専門家としてママの一歩を支える情報サイト『ママリ』に多数の監修記事掲載

 


毎日ヘトヘトになるまでがんばっているお母さんへ

「毎日一生懸命ヘトヘトになるまでがんばっているのに、なんでうまくいかないんだろう」

そう思っていませんか?

 

もしそう思っているなら、原因は子育ての「知識」や「スキル」不足かもしれません...

 

こういう話をすると「子育てはスキルなんかじゃない。愛情だよ」と気分を害される方もいますが、いくら愛情があってもそれがお子さんに伝わっていないとしたら...

 

残念ですが、そう感じる親子にこれまでたくさんお会いしてきました。

 

当オフィスのペアレントトレーニングでは、お子さんの困った行動に対して客観的に分析していきます。

どんなことを学んでいくの?

誰しも悩みがあるときは、頭の中がごちゃごちゃになります。

考えれば考えるほど「どうすることもできない」「どこから手をつけたらよいのかわからない」という状態になります。

 

でも、実は「行動」はとても「シンプル」なのです。

簡単にいうと嬉しいことや楽しいことは続いていくし、嫌なことや楽しくないことは続かないのです。

 

チャームポイントLab.のペアレントトレーニングでは、お子さんの行動をじっくり分析し「なぜその行動が続いているのか」「なぜその行動が続かないのか」を学んでいきます。

 

実は、意図せずに ”火に油をそそぐ”ようなコミュニケーションをされているお母さんはとても多いです。

 

たとえば、お子さんのイライラに困っているのにお子さんのイライラをさらに強める対応をしていたり、お子さんの不安が高いのにお子さんの不安をさらに高める対応をしていることがよくあります。ペアレントトレーニングを受講すると、このことが理解できると思います。これさえわかれば、たくさんの育児情報に惑わされることはもうなくなります!

 

 関連記事

ペアレントトレーニングのセッション概要

対 象 :小学3年生までのお子さんの保護者

 

内 容:プライベートレッスンのため、型どおりのプログラムではなく、お客さまの状況にあわせて自由にアレンジすることができます。お話をうかがいながら最適なプランをご提案します。

 

<プログラム例>

行動を観察する、ほめ上手になる、好ましい行動をふやす、好ましくない行動を減らす等

現在、ペアレントトレーニング講座(6回)は「オンライン」のみとなります。(お試しレッスンのみ対面可)

16回(1セッション60分×16回)  46200円(税込)

*パソコンやスマホがあれば全国・海外どこからでもご受講できます。

*zoom・スカイプ・Line電話がご利用いただけます。

*オンラインセッションは、日中だけでなく、早朝(5:00〜7:00)や夜(20:00〜24:00)の時間帯もご利用いただけます。お子さんが眠っている時間帯を利用してご受講されているお母さんもいます。

*接続が不安な方もご安心ください。無料で練習できます。


*子育て期間を20年とした場合、受講料は1日あたり約6円です。

 ※2020年10月より改定


まずは「お試しレッスン」をご利用ください。

現在の状況をゆっくりおうかがいし、今後のペアレントトレーニングのプランをご提案させていただきます。

なお、お試しレッスンをご受講いただいても、その後のペアレントトレーニング(6回)を無理におすすめすることはございませんので、安心してご受講ください。

 

【対面をご希望の場合】

60分 8800円(税込)

場所:我孫子近郊の落ち着いた雰囲気のカフェなど。

※カフェ等での飲食代は各自負担となります

 

【オンラインをご希望の場合】

60分 7700円(税込)

 

*お試しレッスンはお一人さま1回限りのご利用とさせていただきます。

お試しレッスンのご状況によっては、ペアレントトレーニング(6回)のご契約をお引き受けできないこともございます。

よくいただくご質問

Q. どのような形で行うのでしょうか?

それぞれの回ごとに、大まかなテーマが設定されておりますが、プライベートレッスンですので、受講者さまがお困りの問題にそって丁寧に学んでいきます。(初回のセッションで、じっくりお話をうかがっています。)

セッションは、お茶を飲みながらゆったりとした雰囲気で行なっています。

 

Q. プログラムは、どのくらいの間隔で行なっていくのでしょうか?

A.  プライベートレッスンのため、受講者さまのご都合に合わせて日程調整を行います。特にご希望がなければ、2週間に1回を目安としています。

 

Q.  子どもを連れて受講することは可能ですか?

A.  お子さんと一緒にご受講される方もいらっしゃいます。お子さんとご一緒の場合はお申し込みの際にお知らせください。

YouTube

子育てのことも話しています!ペアレントトレーニングは担当者との相性も大切だと感じます。ご受講のご参考に。

タイトル「早生まれの子への声かけ」

タイトル「赤ちゃんとの過ごし方」


期待される効果

これまで、子育ての困りごと(例:かんしゃく、人見知り、生活習慣の乱れ、偏食、子どもの性格、勉強をしない)を抱えた多くのお母さんにご受講いただきました。学んだ内容をしっかりと実践していただければほとんどのケースで改善がみられています。

ツライ子育てから楽しい子育てへ。そんな橋渡しができたらと思っています。