子どものお弁当作り♪完璧をめざさない

○子どものお弁当作り、完璧を目指さない。

 

こんにちは。臨床心理士の今井です。

今日は、私の子育てについて書きます。

 

 

今月は3回お弁当を作ります。

(それぞれの子どもに1回と運動会です)

 

 

たまに作る程度なので

子どもにリクエストされたメニューにしています。

 

 

リクエストされたメニューは

唐揚げにウインナー

野菜がほとんどありません。

 

 

「もっとバランスよく食べさせなくちゃ...」

「もっと手作りのものを入れなきゃ...」

 

 

正直、そんな考えもうかんできます。

 

 

でも、子どもにとっては

たまのお弁当。

 

私の考えは横に置いて

子どものだいすきが詰まった

お弁当にしています。

 

(私は料理は苦手ですが...^^

いつもお弁当を楽しみにしてくれます♪)

 

 

セッションでもお話ししていますが

「〜しなければならない」や

「0か100か」の考え方をしていると

自分も子どもも苦くなってしまいます。

 

 

このお弁当の場合でいうと

「いつもバランスのとれた

食事をとらなければならない」

という考えです。

  

 

研究でも、

物事を「0」か「100」かでとらえると

子育てのストレスが高まることがわかっています。

 

 

だからこそ私は

「状況に合わせてしなやかに」

を大切にしています。

 

 

関連記事

母に感謝していること

 

 

いまい ちづこ(チャームポイントLab.主宰 )

臨床心理士・専門健康心理士

博士(人間科学:早稲田大学)