産後クライシス!? 産後のイライラは解消できるのか

産後クライシス:名古屋夫婦カウンセリング

○ 名古屋の夫婦カウンセリング 産後クライシス 

 

こんにちは。名古屋の臨床心理士いまいです。

今日は夫婦のことを書きます。

 

===

 

私は12年前に結婚しました。

交際期間も含めると、夫とは約20年の長い付き合いになりますが、今も心地よい関係が続いています。

 

 

ですが、そんな私たちにもピンチな時期がありました。

 

 

それは、長男を産んでからの数年間のことです。

今考えると、”産後クライシス”です。

 

 

慣れない育児

体調不良(ホルモンバランスの変化)

急激な環境の変化

 

これらがかさなり、私は夫に対して、今まで感じたことのない「いらだち」を感じていました。

 

 

夫は当時の私を「ピリピリしてて怖かった」といっています ^^;

 

 

でも、育児になれた頃、少しずつ気持ちもおちつき、また以前の私に戻っていきました。

 

 

このような私自身の経験だけでなく、産後の研究からも、産後の自分は「これまでの自分ではない」と冷静にながめておくのがちょうどよいと私は思っています。

 

*男性にも同じようなことが起こるといわれています

「産後の父親にみられやすいこと」

 

 

そして、個人的にはこの時期に「重要な決定」はしない方がよいと思っています。

 

たとえば、産後数年は離婚率が最も高いといわれます。

 

でももし本来のあなたでないとしたら

まだやり直せる可能性があるかもしれません。

(命の危険がある場合や、緊急性の高い場合は話は別です)

 

 

 

新しい家族が加わる。

これは家族の「大転換」です。

 

当然、これまでの「夫婦ふたり」のやり方では通じなくなります。

 

だからこそ、最初はケンカがふえるかもしれないし

うまくいかないことも多いかもしれません。

 

それでも、またあらたに一歩ずつ

あきらめずに少しずつ「調整」していくことが大切なのだと思います。

 

そして、このとき、どんな「調整」をするかで、新しい家族の形ができあがっていくのだと私は思っています。

 

 

関連コラム

パートナーとの関係がこじれやすい考え方とは

 

関連ページ:夫婦関係の悩み:アプローチ例

関連ページ:夫婦関係の悩み:研究報告

 

いまい ちづこ(チャームポイントLab.主宰 )

・臨床心理士・専門健康心理士