名古屋のカウンセリング料は安い?高い?

名古屋のカウンセリング料は高い?

 

こんにちは。公認心理師・臨床心理士の今井です。

今日は、カウンセリングのことを書きます。


公認心理師・臨床心理士・専門健康心理士

・博士(人間科学:早稲田大学)

早稲田大学人間科学部通信教育課程教育コーチ

・元小学校(こども園)のカウンセラー、元学習支援員

・プライベートでは、小学3・1年男児の母です。

さらに詳しいプロフィールはこちらから



 

カウンセリングの料金については

1時間8000円以上の施設が多いと思います。

 

「どうしてそんなに高いのだろう?」

と思われている方もいるかもしれません。

 

 

これはあくまで私の場合ですが

 

当日のセッションを行うためには、

セッション前の準備の時間と

セッション後の整理の時間が必要です。

 

セッション前の準備としては、

ケースにまつわる最新情報を整理し、

クライエントさまに最適な方法を検討しています。

 

また、セッション後には、

ケースを振り返りとともに

次回のセッションに向けて

どうしたらよいのかを検討しています。

 

 

また、カウンセリング料金には、

カウンセリングの場所代や

交通費も含んでおります。

 

 

あまりに低価格だと、

生活していくためには

どうしても数を増やさなければなりません。

 

 

そうすると、セッションの準備や

振り返りの時間が少なくなり、

結果的に”よい状態”で

カウンセリングに望むことが

できなくなってしまいます。

 

*オンラインカウンセリングの場合は、場所代や交通費の負担がないため、当オフィスの場合は対面で行うカウンセリングよりも料金を割安に設定しております。

 

これは私の意見ですが

カウンセリングを選び時には

ただ「安い」という理由だけで選ぶと

かえって症状を悪化させてしまうこともあります。

 

 

たとえば

カウンセラーの中には

数日〜数ヶ月で取得できる資格を

かかげて活動されている方も多くいます。

(日本では誰でもカウンセラーとなのることができます)

 

 

短期間でとれる資格のカウンセラーが

一概に良い・悪いとは言えません。

 

 

ただ、大切な心を扱うためには

十分な専門的知識(学び)が

必要だと私は考えています。

 

 

そのために私は25歳から

早稲田大学に再入学し、

7年かけて臨床心理士と

専門健康心理士を取得しました。

 

 

現在は、国家資格である

公認心理師でもあります。

 

 

専門的な知識をもたずに、

カウンセラーとなのっている方は

とても多いので、選ぶ際は

カウンセラーの専門性についても

確認した方がよいと思います。

 

詳しくはプロフィールをご覧ください。

 

 

また、カウンセリングでは

カウンセラーとの相性も大切です。

 

せっかくカウンセリングを受けても

不快な思いばかりがつのるなら

逆効果となります。

 

話をしていて

心地よいカウンセラーや

力がわいてくるカウンセラーが

よいと私は思います。

 

そのためには

カウンセラーのブログ等も参考になります。

 

私もさまざまな媒体で、日々の気づきや思いを発信しています。

 

チャームポイントLab.公式ブログ

twitter

 

相談機関を迷われている方の

参考になれば嬉しいです。

 

 

関連ページ: わたしのこと

 

セッションの詳細はこちらから

お申し込みはこちらから

お問い合せはこちらから

 

公認心理師・臨床心理士・専門健康心理士

博士(人間科学:早稲田大学)

早稲田大学人間科学部通信教育過程教育コーチ

NHK文化センター講師(マインドフルネス)


当オフィスの特徴


どんなお悩みもじっくり、丁寧におうかがいしています

お客さまからのご感想で多いのが「話しやすかった」というもの。

どんなお悩みも親身になって、じっくり丁寧におうかがいすることをお約束いたします。ぜひ安心してご相談ください。

 

参考 〜お客さまからいただいたカウンセラーの印象〜

・私は話すことが苦手で、話がまとまらないのですが、先生はとても親身になって、また何も否定することなく聞いてくださるので、どんどん話してしまいます(30代・女性)

・明るくて話しやすい。やわらかい雰囲気が第一印象にあったので、話しやすさがある。解決に向けて一緒に進んでいってくれる感じがする。責められたり、否定されない安心感がある(20代・女性)

・ふんわりとしたやわらかい印象の方で、私の話をひたすら聞いてくださいました。いつも励まし、辛い気持ちに共感してくれました。とても話しやすい方でした(40代・女性)

・否定されることが一切なく、受け入れてくださったので温かい印象でした。同じ子育て世代なので共感もありました(30代・女性)

・同じ「母」という立場でもあり、話しやすいです(20代・女性)

 

専門的知識をもった経験豊富な女性の臨床心理士が担当します

すべてのセッションを担当するのは、経験豊富な女性の臨床心理士・公認心理師です。

大学での講師経験もあり、専門的な知識に基づくサポートが可能です。

日常生活で取り組めるようにサポートします

セッションでいくら知識を学んでも、日常生活で取り組めなければ意味はありません。

そのため、ご相談者さまと十分に話し合いながら、日常生活で取り組めるプランを立てていきます。

また、日常生活の中で「うまくいったこと」「うまくいかなかったこと」をお互いに共有し、成功につながるサポートを提案しています。

 

認知行動療法が専門です

一般的にはまだまだ知られていませんが、欧米では主流の心理療法(第一選択肢)です。

下記のような認知行動療法に関する書籍も執筆しております。

 

今井千鶴子・今井正司(2012)注意訓練法・強迫性障害 エイドリアン・ウェルズ (著)、熊野宏昭  (監修・翻訳) メタ認知療法: うつと不安の新しいケースフォーミュレーション 日本評論社 担当pp.85-101,pp.203-252(翻訳)

今井千鶴子・嶋田洋徳 (2011)逆制止法・般化 日本ストレス学会・(財)パブリックヘルスリサーチ セン ター(監)ストレス科学事典 実務教育出版 pp.205、853(分担執筆)

嶋田洋徳、今井千鶴子(2010)怒りのマネジメント療法:青年期 アーサー フリーマンら(編)、内山喜久雄・大野裕ら(監訳)認知行動療法事典 pp.18−21頁(翻訳)