夫婦関係をこじれやすくする考え

◯パートナーとの関係がこじれやすい考え方

 

名古屋の臨床心理士いまいです。

今日は夫婦のことを書きます。

 

 

夫婦とはこうあるべき

夫とはこうあるべき

妻とはこうあるべき

 

 

私たちは、夫婦や夫・妻に対して

いろんな考えをもっています。

 

 

どれがよい

どれが正しい

 

というものではありません。

 

 

 

ただ、ある研究では

「パートナーとの関係がこじれやすい考え方」

がわかっています(中釜ら,2008)

 

 

パートナーとの関係がこじれやすい考え方とは

 

 

  • 孤独は、結婚生活によって癒される。
  • 愛さえあれば夫婦関係はうまくいく。
  • 愛しあっていれば、気持ちや考えを言わなくても分かりあえるはずだ。
  • 葛藤はなるべく避けた方がよい。
  • 夫婦の間では、何をいっても許される。
  • 2人の意見が食い違ったとき、どちらかが正しくどちらかが間違っている。
  • 夫婦の関係がよりよいものになるためには、相手が変わらなければならない。
  • 自分のことを1番理解してくれるのは親である。
  • パートナーとの間で問題が生じたら、実家を頼るのは当然だ。

です。

 

このような考えを

強くもっているほど

パートナーとの関係が

こじれやすいといわれています。

 

  

 

私がこれをみて思ったのは

カウンセリングで

解決できることばかりだなということです。

 

たとえば

  • 愛しあっていれば、気持ちや考えを言わなくても分かりあえるはずだ。
  • 葛藤はなるべく避けた方がよい。
  • 夫婦の間では、何をいっても許される。

 

これらは

コミュニケーションスキルを

鍛えることで改善できます。

 

 

育ってきた環境が違うもの同士が

1つの家庭を築く。

 

そのためには

お互いの「正しさ」を

主張するだけではうまくいきません。

 

 

自分の考えに

こだわればこだわるほど

相手との心の距離は

遠のいていきます。

 

そして

自分の正しさに

こだわればこだわるほど

「孤独」になります。

 

 

夫婦関係が

うまくいっていない時は

その原因を相手に求めがちです。

 

 

あの人がだらしないから

あの人が優しくないから

あの人が冷たいから

 

 

お気持ちはとてもよくわかります。

私もそうですから...

 

 

でも

きびしいようですが

相手を変えるのは難しいんです。

 

相手が変わるのを待っていたら

いつになるかわかりません。

その前に

ふたりの愛が壊れてしまいます。

 

 

だから

つらくても

苦しくても

 

まずは自分ができることから

始めていきましょう。

 

公認心理師・臨床心理士・専門健康心理士

博士(人間科学:早稲田大学)

早稲田大学人間科学部通信教育過程教育コーチ

NHK文化センター講師(マインドフルネス)