夫から愛されない理由

◯ 夫から愛されない理由

 

名古屋の臨床心理士いまいです。

今日は夫婦のことを書きます。

 

===

 

昨日は、自信がないと自分の本当の思いをパートナーに伝えられない(主張できない)ということについて書きました。

 

 

我慢している方は

本当に多いです。

 

 

心は悲鳴をあげているのに

自分が悪いと思いこまれています。

 

 

これはわたしの意見ですが

あなたは悪くないし

あなたはあなたが思っている以上に素敵なのだから

もっと自信をもって相手にぶつかっていけばいいと思います。

 

まだ読んでない方はこちらから。

 

 

また、自信がない方は

こんな行動も起こしやすいです。

 

 

「きっと私のことが嫌いだろう」

「私は愛されていない」

「どうせ私なんて…」

 

 

こんな風に考えている反動から

「相手を攻撃するような」伝え方をされている方もいます。

(昨日とは逆のパターンです)

 

 

本当は愛されたいのに

それとは真逆の言動をとっています。

 

その結果、

ふたりの距離はますます離れていくことに...

 

 

悩んでいるときは

なかなか客観的にはなれませんが

 

「この考えをしたらどうなるのか」

「この行動をしたらどうなるのか」

 

という視点を忘れないことが大切です。

 

 

幸せな結婚生活をおくりたいなら

それにつながる言動をとる

 

これにつきます。

 

 

うまくいっていない方は

自ら進んで

自分を不幸にするような

思考パターンやコミュニケーション

を必ずとっています。

 

 

思考パターンや

コミュニケーションスタイルは

自分の力でいつからでも

変えることができるので

 

幸せになりたいなら

幸せにつながる考え方や

コミュニケーションスタイルを

自らえらぶことです。

 

わたしはそれが大切だと思っています。

 

公認心理師・臨床心理士・専門健康心理士

博士(人間科学:早稲田大学)

早稲田大学人間科学部通信教育過程教育コーチ

NHK文化センター講師(マインドフルネス)