カウンセリングを受けてよかったと思うこと:長久手・みよし・日進・瀬戸・名古屋

今回は、セッションを受けてくださっているAさん(60代, 女性)からいただいたご感想をご紹介します。

(このアンケートは、セッション開始から3ヶ月後にいただいたものです)

 

【カウンセリングを受けた理由】

家庭内で問題が起き、どう対処すべきかわからなくなったので、専門家のアドバイスをいただきたいと思いました。

 

【カウンセリングを受けてみてよかったと思うこと】

家庭の問題はきっかけに過ぎず、実は私自身の生き方、考え方に改善すべき点が多々あることに気づかせていただきました。

一進一退ではありますが、自信のもてなかった自分を少しずつ認めることができつつあり、今は自分が自分を幸せにするのだと思って生きています。本当に感謝しています。

 

【カウンセラーの印象】

私がカウンセラーに求めていたのは学問の裏づけのある専門性でした。その点は本当に信頼できる先生ですし、お人柄は言うまでもありません。明るい笑顔が本当に素敵です。

優しく肯定的に受け止めてくださるのでセッション前は落ちこんでいても元気に帰れます。

 

【その他】

ホームページを拝見し、若いクライエントが多かったので、こんな歳をして恥ずかしいという気持ちがありました。

それでも思いきってメールを送らせていただいたところ、快く対応してくださりセッションが始まりました。

人の生き方に年齢も環境も関係ない。

心を開いてカウンセリングを受けたことで本当に救われました。

これからも支えになっていただけることを心から有難く思っています。 

 

 

ご感想にもありますように、セッションを受けることになった最初のきっかけはご家族に関するお困りごとでした。

 

まずはじめに行ったのは、問題の整理です。

 

ご家族への対応として、Aさんが行うことが「できる」ことと「できない」ことを一緒に整理していきました。

 

そして、できないことに目を向けてあれこれ心配するよりも、「今」のAさんにできることに目を向けることを意識するようにしました。

 

Aさんのご努力が実を結び、ご相談のきっかけになったお困りごとについては、好ましい状況へとつながっていきました。

 


ここからは私の感想になります。

 

Aさんは上品でとても魅力的な方。

「いつかわたしもAさんのような気品あふれる女性になりたい」と密かに憧れています。

 

 

Aさんは、人へのやさしさであふれています。

 

ただ、相手のことをおもうあまり、自分の本当の気持ちを押し込め苦しくなってしまうときがあるのを感じます。

 

 

これはわたしの意見ですが…

 

相手の幸せを願うことや、相手を大切におもうことはとても素敵なことです。

 

でも、いつも自分の気持ちを押しこめて相手を優先させていたら、心は苦しくなっていきます。

 

なので、相手を大切にすることだけでなく「自分」を大切にすることも忘れてはなりません。

 

少しずつでもいいので、これまで誰かにしてきた「優しさ」を自分にも向けていく

 

そんなことが大事だと思うのです。

 

Aさんもそのことに気づかれ、ありがたいことに現在もわたしと一緒に心のトレーニングを続けてくださっています。

(このアンケートは、セッション開始から3ヶ月後にいただいたものです)

 

 

習慣化された心のクセに向きあうのはしんどいため、ほとんどの方はそこから目を背け、苦しんでいるにも関わらず結局は「現状維持」を選んでしまいます。

 

でも、Aさんは違います。

 

アンケートにもかかれていたように「自分が自分を幸せにする」と決意され、自分の心のクセに向き合い続けていらっしゃいます。

 

そして最近では...

「自信のもてなかった自分を少しずつ認めることができつつある」と感じられています。

 

 

新たなことを学び、それを素直に受けいれるAさんの心の深さをわたしはとても尊敬しています。 

 

そんなAさんにメンタルトレーニングのパートナーとして選んでいただけたことは、この仕事を続けるわたしの大きな力になっています。本当にいつもありがとうございます!!

 

これからも一緒にトレーニングを続けていけることを本当に嬉しく思っています♪

 

Aさんが受けられているセッションの詳細はこちらから

遠方の方もzoomにてご受講いただけます。

 

・公認心理師・臨床心理士・専門健康心理士

・博士(人間科学:早稲田大学)

・早稲田大学人間科学部通信教育課程教育コーチ

NHK文化センター講師(マインドフルネス)

・元小学校(こども園)のカウンセラー

・小学校3年生と1年生の男児の母