名古屋カウンセリング:夫婦関係の悩み(アプローチ例)


名古屋のカウンセリングルームチャームポイントLab.ではご夫婦の悩みを解決するためのカウンセリングを実施しています。

このページでは、実際に行われたアプローチ例をご紹介します。

円満夫婦のコミュニケーションスタイルを学ぶ


ある研究によると、仲の良い夫婦は「相手のメッセージを適切に受けとること」「相手にメッセージを適切に伝えること」が効果的に行われていることがわかっています。

相手のメッセージを適切に受けとったり、相手へ適切にメッセージを伝えたりするには、あなた自身の「考え方」を振り返ることがとても大切です。

 

そのためにチャームポイントLab.では、以下のような方法を用いています。

① 考え方をふりかえってみる:内容編

夫婦関係で悩んでいる方の多くは、考え方に柔軟性がありません。

気持ちが落ちこむ「考え」を無意識に受けとっていることが多いのです。

たとえば、上の図をみてください。

 

「旦那さんがイライラしている」状況の時、真っ先にどんな考えがうかびますか?

 

Aさんのように「私のことが嫌なのかな」という考えがすぐにうかんだ場合は、少し注意が必要かもしれません。

(もしかしたら、Bさんが考えたように、仕事で疲れていただけかもしれませんので...)

 

 

このように、チャームポイントLab.のカウンセリングでは、ご相談者さまの「考え方のクセ」に注目していきます。

もし、考え方のクセが原因で、気持ちがおちこんだり、イライラしている場合には、”思考の柔軟性を高める”ワークを行っていきます。

少しずつ練習することによって、少しずつ柔軟な考え方ができるようになる方が多いです。

 

 

② 考え方をふりかえってみる:プロセス編


夫婦関係で悩んでいる方の多くは、"心配の波"に巻きこまれています。簡単にいうと、心配が頭から離れない状態です。

これまでの研究では、考えれば考え続けるほど「非現実的な考え」がうかび、苦しむことがわかっています。

夫婦関係の悩み:考え方のプロセスを考える方法

チャームポイントLab.のカウンセリングでは、ご相談者さまの「考え方のプロセス」についても丁寧に検討していきます。

 

そして、「心配ばかりしている」「嫌なことばかりが目につく」方には、”注意のコントロール力”を高めるワークを実施しています。

こちらも、毎日少しずつ練習することによって、心配が軽くなる方が多いです。

 

心配が少なくなると、相手のメッセージを適切に受けとったり、相手にメッセージを適切に伝えたりできるようになります。

男女の違い(考え方・行動)を理解する


ご相談内容にあわせて、これまでの心理学的研究でわかっている、男女の違いについてもお伝えしています。

たとえば、一般的に「男性は女性にくらべて、赤ちゃんの泣き声に気づきにくい」といわれています。事前に、このことを知っていれば、旦那さんのことを「赤ちゃんが泣いているのに起きない冷たい人」と思わずにすみます。

 

あるいは「男性は結論がみえにくい話が苦手である」ともいわれてます。

事前にこのことを知っていれば、旦那さんとの会話の仕方を工夫することもできるでしょう。

 

このように、一般的な男女の違いを理解することも夫婦円満のためには必要なことだと思います。カウンセリングの中では、これまでの研究でわかった”男女の違い”も適宜お伝えしています。

 

ストレスを解消する


夫婦関係に悩まれている方の多くは、ご自身のストレスを発散するのが苦手です。

「自分さえ我慢すれば」と考え、過大なストレスに苦しんでいる方も少なくありません。

でもよく考えてみてください。

 

ストレスがマックスの状態の中で、あなたが本来もっている「魅力」を発揮できるでしょうか。

私は残念ですがそれは難しいと思います。

ストレスを適切に対処し、自分のこころの状態を整えておくことによって「あなたのよさ」が十分にいかされると思うからです。

 

そのため、カウンセリングでは、日常生活の中で気軽にできるストレス解消法を一緒に考えます。

 

もちろん、上記で紹介した”思考の柔軟性”を高めるワークや、”注意のコントロール力”を高めるワークに取り組んでいただくことによっても、ストレスが軽くなったと感じる方が多いです。

ご予約


夫婦関係の悩みを抱えている方はとても多いです。解決に向けて、心理学の知識やスキルが役にたつこともあります。お一人で抱えこまず、ぜひ一度ご相談ください。