子どもの才能が開花する!? 願いを叶える方法

◯願いを叶える方法

 

公認心理師のいまいです。

 

願いを叶える方法。

 

私が真っ先に思いつくのは

毎日コツコツ続けること。

 

どの分野もこれに尽きると思います。

 

 

もちろん

ずば抜けた天才もいます。

 

元々

恵まれた環境にいる人もいます。

 

 

でも、そんな人はほんの一握り(-_-;)

 

だいたいの人は

元々の能力も

元々の環境も

それほど変わらないと私は思います。

 

 

願いを叶えられるかどうか

 

これを左右するのは

諦めずにコツコツ続けられるか

だと思います。

 

わが子をみていてもそう思います。

 

昨年、下の子がある絵画コンクールで

入選し、賞状をもらったんです。

 

兄弟で応募したのに、弟だけ入選し

上の子は悔しい思いをしました。

 

それ以来

「(自分も)賞状がほしい」と。

 

 

 

”賞状をもらうために”

ではありませんが

それからもコツコツコツコツ

たくさん描いてきました。

 

 

 

そして先日

ついに念願だった賞状を

もらうことができたんです!!

 

 

運動会の絵で学年グランプリ。

プログラムにも掲載され

すごく喜びました ^^

 

嬉しいことに

「絵の才能がある」などと

おほめの言葉をいただきます。

 

 

でも、彼の成長を見てきて感じるのは

コツコツ続けてきたからこそ

上手になったということ。

 

 

才能よりも継続してきたことが

一番大きいと感じます。

 

 

たしかこれは

小1のはじめの頃に描いた絵。

 

この絵はすきですが

才能があるかといえば...(゚∀゚)

 

今の状況だけをみていると

信じられませんが

ほんの数年前までは

絵に対する自信のない子でした。

自分から描くことも少なかったです。

 

それが、変わったのが

1年生の夏休みの宿題です。

 

パパに描き方を教えてもらって

一気に急成長しました。

 

 

学校に飾られた上の絵を

みんなにほめられて

嬉しかったんだと思います。

 

それからというもの

自ら描くようになりました。

 

 

これは、1年生の秋の絵。

今でも額に入れて飾っています。

そして、2年生。

 

下の子だけ入選した時

 自分はどうせ下手だから

と描くのをやめていたら

 願いは叶わなかったと思うんです。

 

願いが叶ったのは、継続したおかげだと思います!

 

・ 

 

そうはいっても...

この継続が、かなり難しいんですよね。

 

うまくいかないと、やめたくなるのが人間ですから(-_-;)

 

 

例えば、男の子の場合は

研究でもわかっていますが

1番を求める傾向が強いです。

 

 

だからこそ、うまくいかない時に

ダメージを受けやすいです。

 

 

なので、プライドを傷つけず

フォローすることが大事だったりします。

 

 

もちろん、男の子だからといって

皆同じではありませんので

応用行動分析は必要です!

 

 

応用行動分析を理解していると

どうしたら子どものよさが

伸ばせるかがわかりますから♪

 

追記

この後、さらに学習発表会の絵でも学年グランプリを受賞しました!!

そのエピソードについては後日アップします!

 

・公認心理師・臨床心理士・専門健康心理士

・博士(人間科学:早稲田大学)

・早稲田大学人間科学部通信教育課程教育コーチ

NHK文化センター講師(マインドフルネス)

・元小学校(こども園)のカウンセラー

・小学校3年生と1年生の男児の母