子どもの成績をさげるのは親?子育て相談

◯子どもの成績をさげるのは親?名古屋子育て相談

 

名古屋の臨床心理士いまいです。

以前、アメブロにも書きましたが、多くの方に知ってほしいのでここにも書きます。

 

 

私は、小学1年生の成績が

とてつもなく悪かったんです。

 

 

今思うと、

3月後半生まれなうえに

コツをつかむのがゆっくりなタイプ。

仕方のないことです。

 

 

でも、父から

「頭が悪い」といわれ

そう思いこんでしまいました。

(父はとてもやさしい人です悪気なくいったのだと思います)

 

 

そこからずっと

私の勉強に対するイメージは

「できない」「つまらない」になりました。

 

 

 

 

そんなわたしに

転機が訪れたのが23歳。

臨床心理士をめざしはじめました。

 

一念発起で勉強し

25歳で早稲田大学に再入学。

9年後には博士の学位も取得しました。

詳しくはプロフィールにも書きました)

 

 

たくさんのことを吸収できる子ども時代。

自分は頭が悪いという

「思いこみ」によって

学ばずにいたことをとても後悔しています。

 

 

親の言葉

小さい頃の経験は

子どもに大きな影響をあたえます。

 

 

「頭が悪い」といわれれば「頭が悪いんだ」

「顔が悪い」といわれれば「顔が悪いんだ」

「絵が下手」といわれれば「絵が下手なんだ」

「足が遅い」といわれれば「足が遅いんだ」

 

 

真実はそうでなくても

子どもは素直にそう思いこんでしまいます。

 

 

 

 

私は、目先の成績に左右され

学ぶ意欲をなくしてしまうのが

1番残念なことだと思っています。

 

 

お子さんには

お子さんのペースがあります。

 

すぐにできるようになる子もいれば、時間がかかる子もいると思っています。

 

 

成績だって

最初からよい子ばかりではありません。

 

低学年の頃はよくなくても

諦めずコツコツ続けていれば伸びていく子もいます。

 

 

もちろん

子どもが負担になるほど

期待しすぎてはいけません。

 

 

でも、お子さんの学ぶ意欲を奪うような声かけだけは絶対にやめた方がいいです。

 

 

なぜなら

学ぶことで

いろんなことに

興味がうまれてくるからです。

 

 

「生きるって楽しい」

と思える何かに出会えるチャンスも広がります。

 

 

子どもの頃の自分には

 

「コツをつかめるようになるのが人よりゆっくりなだけだよ」

「学ぶって楽しいよ」

 

と伝えたいです。

 

 

そして、私のように

今まだ成績がふるわない子にも

 

「自分のペースでいいんだよ。コツをつかむのが人よりゆっくりなだけだよ」

「学ぶって楽しいよ」

と伝えたいと思っています。

 

 

 

 

人の能力にはそれほど差がない

どんな言葉を信じるか

が大事だと私は思っています。

 

 

親が子どもに与えられる

最大のプレゼントは

 

「自分は自分でいいんだ」

「自分さえその気になれば、どんなことも挑戦できる!」

 

と感じられる心を育てることだとわたしは思います。

 

 

公認心理師・臨床心理士・専門健康心理士

博士(人間科学:早稲田大学)

早稲田大学人間科学部通信教育過程教育コーチ

NHK文化センター講師(マインドフルネス)