ミニマリスト?断捨離?心地よさを追求しよう!

◯ ミニマリスト?断捨離?心地よさを追求しよう!

 

名古屋の臨床心理士いまいです。

 

 

わが家は物が少ないです。

 

遊びにきた方には

よくびっくりされます。

 

そして

家事がすきだと勘違いされます(゚∀゚)

 

 

実は以前はもっと物にあふれた生活をしていました。

 

 

物が少なくなったきっかけは

関東から東海へ引越し

わたしが片づけの本やブログを

読むのが趣味になってから。

 

 

ミニマリスト

断捨離

シンプルライフ

 

 

そういう暮らしがあることを知り

自分にも取りいれてみました。

 

 

 

そしてわかったのは

わたしには物が少ない生活が

あっているということ。

 

 

物がたくさんあった頃は

どこになにがあるかわからず

探し物ばかりしていたけど...

 

物が少なくなってからは

どこに何があるかがわかるので

食材も衣服も最後まで無駄なく

つかえるようになりました。

 

 

それに

片づける時間も

大幅に短縮しました。

 

 

以前は人が来るというと

何日も前から

ソワソワしていましたが

今はわりとすぐに片づけられます。

 

 

わたしの場合は

物を少なくすることで

くらしやすさを手にいれました。

 

 

でも、これはあくまでわたしの場合。

 

ここで言いたかったのは

"物の多さや少なさ"

ではありません。

 

 

自分にあった暮らしをみつけることが大切だということです。

 

 

本当はこんなことを言わず

カッコつけていたいのですが(笑)

 

わたしはけっして

家事が得意なわけではありません。

 

不器用だし

要領も本当に悪い(◞‸◟)

 

 

でも、今では家事がすきと

勘違いされちゃいます(゚∀゚)

 

少ないものなら

ムダなくまわせるからです。

 

 

だから、やっぱり

今できることの中から

自分にあったやり方を

自分がもっと

心地よく暮らせるやり方を

みつけていくことが大切だと思うんです。

 

 

 

これは“こころ”も同じですね。

 

「 どういう考え方をしたら

自分が心地よく暮らせるのか」

 

ということを

わたしはいつも考えるようにしています。

 

 

幸せな毎日をおくるためには

シンプルですが

やっぱりそこが大切だとわたしは思います! 

 

 

関連記事

コンマリさんに学ぶ!諦めてしまう人に共通の考え方

公認心理師・臨床心理士・専門健康心理士

・博士(人間科学:早稲田大学)

早稲田大学人間科学部通信教育課程教育コーチ

小学校(こども園)のカウンセラーや学習支援員の経験があります。プライベートでは、小学3・1年男児の母。

さらに詳しいプロフィールはこちらから