自分で考える、自分で決める

今、新しくはじめる仕事の準備をしているんですね。

 

マニュアルはないので

自分でひたすら考えているのですが…

 

 

 

個人で仕事をはじめるまでは

こういうことになれていなくて

どうしたらよいのか

途方にくれていたことを

思いだしました。

 

 

 

マニュアルがないと動けない

答えがわかっていないと動けない

 

 

わたしは自分の頭で

「考えること」を

してこなかったんですね。

 

 

 

先生がいうから

親がいうから

先輩がいうから

世間がいうから

 

 

私にとっては

それが「普通」で

気づきませんでした。 

 

 

正直いうと

考えることは今でも

得意ではありません。

 

 

でも、3年前よりは

確実にできます。

 

 

人は、心から学びたいと思えば

いつからだって成長できる

 

本当にそうだな、と思います。

 

 

 

ある尊敬する方が

 

何かのせいにすることが成長をとめている

 

といっていましたが

 

自分をふりかえってみても

まさにそう。

 

 

わたしの例でいうと

 

「これまでマニュアル人間だったから無理」

 

ではなくて

 

「40歳まではマニュアル人間だったけど、これからできることから始めよう」

 

なんですね。

 

 

渦中にいるときは

苦しいし余裕がなくて

なかなかそれに

気づけなかったのですが(苦笑)

 

 

 

今、ようやく

コツコツと続けてきたことが

花ひらきそうです。

 

 

自分の頭で考える

 

これは本来楽しいこと。

 

わたしも今

かつてないほどワクワクしています^^

 

関連記事:カウンセラーが信じていること

カテゴリ:わたしのこと

 

 

 

公認心理師・臨床心理士・専門健康心理士

博士(人間科学:早稲田大学)

早稲田大学人間科学部通信教育過程教育コーチ

NHK文化センター講師(マインドフルネス)