夫が悩みを話してくれない理由

みなさんは悩んでいる時

じっくり一人で考えたい方ですか?

それとも誰かに話したい方ですか?

 

あくまでも一般的な傾向ですが

 

男性は人に悩みを話したがらず

女性は人に悩みをきいてほしい

 

といわれています。

 

 

男性が悩みを一人で

抱えこんでしまうのは

「悩みを話すこと=男らしくない」

と感じていることも大きいといわれています。

(個人的には「悩みを話すこと=男らしくない」は全く違うと思っています)

 

 

なので

「夫(彼)が何も相談してくれない」

ということと

「(自分が)信頼されていない」

 

ことは必ずしもイコールではないと

私は思っています。

 

 

 

力になりたいと思っていても

相談してもらえない

 

そんなときはすごくモヤモヤしますよね...

 

 

でも、直接的に悩みの相談にはのれなくても

男性を支えることはできるんじゃないかなと

私は思ってます。

 

 

たとえば

 

夫(彼)の好きな料理を作ったり

好きな音楽をかけたり

家でくつろげるようにしたり

 

こういったことでも

間接的にサポートすることができます。

 

 

ちなみに私の場合は

料理は苦手なので

マッサージのサポートを

することが多いです!

 

 

こちらのタイミングで

無理やり聞き出すよりも

彼が話したくなるタイミングを

待つようにしています😉

 

 

心地よさってみんな違います。

 

 

だからこそ

相手にあった方法で

サポートすることが

大事だなと思っています。

 

 

 

関連記事:

カウンセリングのご感想をいただきました

産後の父親にみられやすいこと

 

公認心理師・臨床心理士・専門健康心理士

博士(人間科学:早稲田大学)

早稲田大学人間科学部通信教育過程教育コーチ

NHK文化センター講師(マインドフルネス)