夫婦ケンカを少なくする:夫婦カウンセリング

夫婦ケンカの内容で多いのは「家事分担」です。

 

日本では、たとえ共働きであっても、女性(妻)の負担が大きいことがわかっています。

 

 

 

だからこそ

「なんで私ばっかりやらなきゃいけないの!!!」

とイライラしている女性も多いのではないでしょうか。

 

 

でも「なんで私ばっかりやらなきゃいけないの!?ちょっとはやってよ!!」と訴えても、旦那さんからは「こっちだって、やってるよ!!」というブーメランが返ってきませんか。

 

 

なぜこんなやりとりになってしまうのか?

ある海外の研究にそのヒントがあります。

 

その研究によると

「多くの人は自分の方が家事をよくやっていると思いこんでいる」ことがわかりました。

 

 

なので、たとえ妻(夫)がほとんどの家事をしていても、夫(妻)にはそう認識されにくいようなんです。

 

だから「こっちだって、やってるよ!!」というやりとりになってしまうかもしれません...

 

ちょっと(かなり)納得できないかもしれませんが... ^^;

 

でも、これを認識していると、必要以上に相手の「性格」を責めることがなくなると私は思うんです。

 

みなさんはどう思われますか?

 

公認心理師・臨床心理士・専門健康心理士

博士(人間科学:早稲田大学)

早稲田大学人間科学部通信教育過程教育コーチ

NHK文化センター講師(マインドフルネス)