子育てのカウンセリングで表面化されるもの

◯子育てのカウンセリングで表面化されるもの

 

名古屋の臨床心理士いまいです。

今日は子育てのことを書きます。

 

===

 

お母さん自身がこれまで抱えてきた悩みが、子育てを通して一気に表面化されるのはよくあることです。

 

 

たとえば、チャームポイントLab.によせられる悩みで多いのは

 

  • しつけができていない母親だと思われるのではないか…

→ 元々、周りの人からの評価を過度に気にしてしまう性格だった

 

  • イライラがコントロールできず、子どもにきつくあたってしまう…

→ 元々、感情のコントロールが苦手だった

 

  • 周りに頼まれると断れない

→ 元々、アサーションするのが苦手だった

 

  • ママ友とどう付き合ったらいいのかわからない

→元々、周りの人からの評価を過度に気にしてしまう、アサーションが苦手だった

 

などです。

 

このように、子育てを通じて、自分の「考え」や「感情」にはっきりと気づく方が多いです。

 

そして「自分のことならそのままにできたが、母親としては解決したい」ということでご相談にこられる方が多いのです。

 

***

 

別に母親は完璧な存在でなくてもかまいません。

 

でも、母親自身が「自分を愛し、ありのままの自分を認めている」ことは、子どもにとってもとても大事なことだと私は考えています。

 

育児は育自。

 

大変なことももちろんありますが、子育てを通じて、子どもと一緒に成長できたら素敵ですよね。

 

 

いまい ちづこ(チャームポイントLab.主宰 )

・臨床心理士・専門健康心理士