子どもへのイライラをとめる方法①

◯子どもへのイライラをとめる

 

名古屋の臨床心理士いまいです。

今日は子育てのことを書きます。

 

===

 

子育てをしていると、子どもにイライラすることもありますよね。

 

注意しても言うことをきかなかったり、生意気なことをいってきたり...

 

気づいたら子どもに怒ってばかり...というママも多いのではないでしょうか。

 

***

 

今日は、日常生活で怒りをコントロールできる簡単な方法を1つご紹介します。

 

その方法とは、ママがおだやかな気持ちの時に「お子さんのよいところ(頑張っているところ)をふりかえる」習慣をつけることです。

 

 

なぜこの方法がよいかというと

 

人間は「頑張っているところよりも、なおしてほしいところに注目してしまう傾向」があるからです。

 

お子さんのイヤなところははっきりと覚えているけど、お子さんががんばっているところはあまり覚えていないママはとても多いです。

 

よくないところばかりに注目していると、ますますイライラは大きくなります。

 

なので、おだやかな気持ちの時に「お子さんのよさ(頑張っているところ)を振り返ること」が大切なのです。

 

 

お子さんのよさやがんばりを振り返る習慣をつけることによって、お子さんの「よさ」に気づきやすくなります。

 

そうなると

 

「この子はなんでいつもこうなんだろう」

 

という考えから

 

「この子もがんばっているところがあるな」

 

という考えに変わっていきます。

 

その結果、イライラは少なくなり「怒ってばかり」という状況が変化します。

 

***

 

「怒りをコントロールできるようになりたい」という理由でカウンセリングをご利用いただく場合もこのような振り返りを丁寧に行っています。

 

カウンセリングを受けることによって、お子さんへの怒りが少なくなるのは、この振り返りがしっかりとできるようになることも影響していると思います。

 

とても簡単な方法です。

ぜひふりかえりを意識してみてくださいね。

 

 

 

いまい ちづこ(チャームポイントLab.主宰 )

・臨床心理士・専門健康心理士