兄弟げんかがなくなる!?親ができること①ピアジェ保存の概念

◯兄弟げんかがなくなる!?親ができること①ピアジェ保存の概念

 

名古屋の臨床心理士いまいです。

今日は育児のことを書きます!

 

===

 

「ぼくのジュース、多い。やった〜!!」

「なんで、わたしのジュースは少ないの( ̄^ ̄)」

 

同じ量のジュースを入れたのに、多い少ないでケンカになることはありませんか?

 

原因は「見た目」です!

 

***

 

図をつかってわかりやすく説明していきます。

 

 

同じ形・同じ大きさの2つの容器に「同じ量」の液体を注ぎます

そして、子どもに「同じ量」であることを確認してもらいます。

 

 

2つの容器のうち1つの容器の液体だけを

「より細い容器」にうつしかえます。

 

 

すると、こんなことがわかりました

 

  • 3~4歳前後の子どもは、細い容器に移した液体の方が「水面が高い」ことから「量が多い」と考える

(ピアジェの「保存」の概念)

 

 

 

最初に2つの容器の中身は同じ量だと理解していても、別の容器に移し替えたとたん、同じ量だと思わなくなります。

 

 

「自分のジュースは少ない!」と怒るのは、よくばりではなく本当にそう思っているのです。

 

*** 

 

保存の概念を知っていたので、子どもたちには極力同じコップをつかってきました。

 

子どもが多く集まるときも、できるだけ同じものを用意しました

(同じものがない時は、かわいい紙コップで♡)

 

 

また、量を多くみせたい時には「小さいお皿」「細いコップ」を使っています。

 

小さいお皿や細いコップなら、簡単に子どもがだいすきな「大盛り」になるからです。

 

 

ちなみに、6・7歳頃になると「容器の形が変わっても液量は変わらない」ことがわかってくるといわれています。

 

***

 

「ぼくのジュース、多い。やった〜!!」

「なんで、わたしのジュースは少ないの( ̄^ ̄)」

 

 

保存の概念を知っていれば、こんな兄弟ケンカをなくすことができます。

 

 

子どもの発達を理解して接することは、子どもにとっても親にとっても大切なことだと思います。

いまい ちづこ(チャームポイントLab.主宰 )

・臨床心理士・専門健康心理士