自分のよさがわからない理由

◯自分のよさがわからない理由

 

こんにちは。臨床心理士いまいです。

 

3年半前起業したとき

屋号を考えました。

 

いろいろ考えた結果

 チャームポイントLab.に決めました。

 

どうしても

"チャームポイント"

とつけたかったんです。

 

 

なぜかというと

 

チャームポイントに気づいてない方が

あまりにも多いからです。

 

 

悩んでいる方や

自信のない方の多くは

 とても素敵なのに

 「私なんて何もない…」

 と思い込んでいます。

 

 

そして、その思い込みが

苦しい現実につながっていることに

気づいていません。

 

 

そういう私も...

 

心理学を学ぶ前は

履歴書の長所欄に

何を書いたらいいのか

わかりませんでした。

 

 

「長所なんてない」

と思いこんでいたので

履歴書のマニュアルを参考に

あたりさわりのないことを

書いていました。

超マニュアル人間でした...)

 

 

かつての私のように

長所がないと思っている方には

ある共通点があります。

 

それは

 いつも誰かとくらべていることです。

 

料理はすきだけど、母のようにはできない

片づけはすきだけど、あの人には敵わない

 

こんな風に

意識はいつも“外”を向いています。

 

 

「世界で1番」

「国で1番」

「県で1番」

「市で1番」

「町内で1番」

「親戚で1番」

でなければ長所といえないなら

この世界は「長所がない」人ばかりです。

 

そんなこと、ないですよね...

 

 

自分のよさに気づくと

自分を大切にできるようになります。

 

 

これは、

私自身の経験だけでなく

ご利用者さまをみていてもそう感じます。

参考:ご利用者さまのお声

 

 

ただ、究極の理想をいってしまえば

 

チャームポイントが

あるかどうかの次元をこえて

「何があっても自分は愛される存在」

ということを感じられることなのですが…

 

この辺りはまた書きたいと思います!

 

チャームポイントLab.

 

この名に恥じぬよう

これからも精進していきます!

 

 

追記:2021年、屋号をチャームポイントLab.からBlossomeに変更しました。
Blossomeには当相談室のコンセプト”心に花を咲かせよう”という思いが込めれています。

公認心理師・臨床心理士 いまいちづこ

早稲田大学で学部から博士課程まで認知行動療法を学び、女性に特有な心身の症状やライフスタイルの問題を専門に研究と支援を行っている。2015年、公認心理師・臨床心理士・専門健康心理士として、博士の専門性を生かしたカウンセリング・コーチングを行うBlossomeを開業。女性起業家として、また小学生2人の息子の母親として、日常生活でできるメンタルの整え方や子育ての方法について具体的にサポートしている。



当相談室は、心の専門家である女性の公認心理師・臨床心理士(カウンセラー歴15年)がじっくり丁寧にお話をうかがいます。

営業時間

定休日:不定休(完全予約制)

対面セッションor オンラインセッション

原則、2日以内にご返信しております。もし返信がない場合には、大変お手数ですが再度ご連絡いただけますようお願い申し上げます


(C)2015 Blossome 東京のカウンセリング   当サイトの文章・デザイン等の無断コピーは固くお断りしております


東京都 公認心理師・臨床心理士による夫婦・子育ての悩み相談室 オンラインセッションならお好きな場所からご利用いただけます