私の恩人:恩人に教えてもらったこと

公認心理師のいまいです。

 

4年前、カウンセリングルームをたちあげた頃

内心とても不安でした。

 

 

超マニュアル人間で

これまでしっかりと「自分」に向きあってこなかったので

すごくすごく不安でした。

 

 

あれから4年。

「わたし、変わったな」と思います(笑)

 

 

わたしはわたしでいい。

今のわたしにできることをしていこう

 

前よりもそう思えるようになったからです。

 

自分と向きあうのが

苦しくて、つらくて

何度もあきらめそうになりました。

 

 

私の場合はSNS等での

発信に苦手意識があったんです。

 

 

でも、そのたびに

「それでいいの?」って

言ってくれた方がいて...

 

 

正直

「こんなにつらいのに

どうしてわかってくれないの!!

私はやめたいのに!!」

と内心逆ギレしたことも...(゚∀゚)

(その方には内緒)

 

 

 

でも、今は感謝しかありません。

 

あの時は想像できなかった

自分の想い描く未来に

近づいているから。

 

この夏から、NHK文化センターでも

講座がはじまりました

 

また、

個別のご相談(カウンセリング)

受けてくださる方、

ペアレントトレーニング

ご受講くださる方もふえています。

 

こういうことだと思うんです。

 

過去のわたしは

目の前の苦しさ“だけ”に目を奪われ

逃げようとしていた。

 

 

でもその方は

今は苦しくても

たとえそれがわたしに嫌われることであっても

これからの私に必要なものをみてくれていた。

 

 

私自身でさえ信じられなかった

わたしの力を信じて

助言してくれたのだと思います。

 

 

私もおこがましいのですが

クライエントさんにとって

そういう存在でありたいと思っています。

 

人って、そこまで強くありません。

 

心が折れそうになることは

誰でもあると思うんです。

 

 

そして、悩めば悩むほど

冷静な判断ができなくなり

自分の本来望んでいる世界からは

かけ離れていく…

 

そんな方が多いと感じます。

 

・ 

 

「ひとりで考えていた時には気づけなかった」

 

セッションをしていると

ほとんどの方はそうおっしゃいます。

 

 

誰でもそうなんです。

考え続けていると

悩み続けていると

自分が望むべき方向から

どんどんそれていくんです。

 

 

だから、

もし一人で困っているなら

私に話にきてください。

 

 

お茶を飲みながら

肩の力をぬいて

ゆっくり話しましょう。 

 

・公認心理師・臨床心理士・専門健康心理士

・博士(人間科学:早稲田大学)

・早稲田大学人間科学部通信教育課程教育コーチ

NHK文化センター講師(マインドフルネス)

・元小学校(こども園)のカウンセラー

・小学校3年生と1年生の男児の母