自分を苦しめる思い込みに気づく

◯自分を苦しめる強い思い込みに気づく

 

公認心理師のいまいです。

 

最近、ブラックコーヒーをいただけるようになりました。

 

きっかけは、スタバですすめていただいた一杯のコーヒーです。

 

その日は急いでいたのでプレゼント用のお買い物だけして帰ろうと思っていたら、店員さんから突然「新しいコーヒーです」と試飲用のカップを差しだされました。

 

急いでいたし、砂糖とミルクを加えないと飲めないのですが、

小心者なので咄嗟に断ることができませんでした。

 

せっかくいただいたから飲むか...

(こうやって書いてみると、ものすごく感じ悪いですね:苦笑)

 

そう思って飲んでみたらものすごくおいしかったんです!!

 

大げさですが、今年一番くらいに驚きました(;‾Д‾)

多分あの時の私は目玉が飛びでていたと思います(笑)

 

今まではブラックコーヒーも飲めますが、自らすすんで飲むことはありませんでした。

砂糖とミルクがたっぷりのコーヒーだけがすきでした。

 

あんなに苦手だったブラックコーヒーをなぜ好きになれたのか?

 

思い返せば、3ヶ月くらい前から、からだのために砂糖を減らすようにしていたんです。

 

でも無類の甘党なので、無理しない範囲で。

(家ではおさえていましたが、スタバに行った時は、キャラメルマキアートとかカフェモカとか頼んでいました。)

 

意識したおかげで、味覚が変わってきたのかもしれません。

 

 

それと

 

「自分はブラックコーヒーは飲めない」というのは、思い込みだった可能性も。

 

そうなんです。

ブラックコーヒーは飲めないと私は強く思い込んでいたんです。

 

だから、自分からは飲もうとしませんでした。

 

たまに出された時は、できるだけ味を感じないようにすばやく飲んでいました(゚∀゚)

 

 

自分では気づきませんでしたが、コーヒーに対していつもセッション講座でお話ししている「回避」をしていたなと。

 

回避していると「嫌だな」「苦手だな」というイメージだけがどんどん強くなっていき、ますます実際の体験ができなくなるんです。

 

だから本当はそこまで苦手じゃなくても、ずっと苦手なままになってしまうんですね。

 

長年の憧れだったブラックコーヒーが好きになったことで、またボロッと古いわたしがはがれおちた気がします。 

 

 

思い込みってなかなか気づきません。

 

もう自分の一部なので、そもそも疑うことをしないんです。

 

だからやっかいなんです。

 

セッションで好転する方に共通しているのは、苦しみの原因である「思い込み」に気づき、それを少しずつ手放していること。

 

人は幸せになるために生まれてきたんですから、自らを苦しめる思い込みなんて必要ありません。

 

私は本気でそう思っています。

 

コーヒーの話から、かなり話が広がってしまいましたが、根っこの部分は同じなので書いてみました(^_-)

 

・公認心理師・臨床心理士・専門健康心理士

・博士(人間科学:早稲田大学)

・早稲田大学人間科学部通信教育課程教育コーチ

NHK文化センター講師(マインドフルネス)

・元小学校(こども園)のカウンセラー

・小学校3年生と1年生の男児の母