カウンセリングの内容と回数について

◯カウンセリングの内容と回数:長久手・みよし・日進・名古屋

  

公認心理師のいまいです。


悩みがとても深刻な状況になってから

ご相談にこられる方がほとんどです。

 

 

「相談したかったけど、勇気がでなかった」

とおっしゃる方が本当に多いです。

 

 

ですので、今日は

カウンセリングには興味はあるけど通う勇気がでない方に向けて書きます。

 

 

通う勇気がでない理由としては

 

何をされるんだろう...

何回通えばいいんだろう..

 

という心配があると思います。

 

 

「何をされるだろう」

ということに関しては、私の専門は認知行動療法です。

(わが国ではまだまだ知られていませんが、イギリスやアメリカでは主流の方法です)

 

 

たとえば...

もし、考え方のクセが原因で気持ちがおちこんだり、イライラしている場合には、「思考の柔軟性を高める」ワークを行っていきます。

 

ほとんどの方は、練習することによってだんだんと柔軟な考え方ができるようになります。

 

詳しくはこちら

 

 

もう1つの

「何回通えばいいんだろう...」

ということに関しては、もちろん個人差はありますが、2週間に1度のペースで5~6回通われるとお困りごとを感じにくくなる方が多いです。

 


その後、お困りごとを感じにくくなっても、心のトレーニングとして定期的に(月に1度、2ヶ月に1度)通い続けてくださる方が多いです。

(日本では「カウンセリング」というとまだまだ抵抗感を感じる方が多いようですが、海外ではカウンセラーに相談することは特別なことではなく、カウンセリングを受け、自分の心と向き合うことはむしろ一般的なこととされています。)

 

 

もちろん、心のトレーニングとして、2週間に1度のペースで通い続けてくださっている方もいます。

 

 

回数については

お客さまのご要望に配慮しながら進めております。

 

 

関連サイト

ご相談者さまの声

 

 

ただ、1回お越しくださっただけで

お困りごとが解消するかというと

それは難しいかもしれません。

 

ですが「話をきいてほしい」などといった、リラクセーション的なものでしたら1回でもお力になれると思います。

 

 

関連記事

ペアレントトレーニングを受けて

 

・公認心理師・臨床心理士・専門健康心理士

・博士(人間科学:早稲田大学)

・早稲田大学人間科学部通信教育課程教育コーチ

NHK文化センター講師(マインドフルネス)

・元小学校(こども園)のカウンセラー

・小学校3年生と1年生の男児の母