幼児教室・塾に通うことがマイナスになるケース

 

名古屋の臨床心理士いまいです。

今日は子育てのことを書きます。

 

===

 

幼児教室や塾に通うのは

 

お子さんの力を伸ばしたい

お子さんのよさをみつけたい

お子さんの将来を明るくしたい

 

など、”お子さんのために”だと思います。

 

 

そんな思いとはうらはらに

幼児教室(塾)に通うことがマイナスになるケースがあります。

 

 

それは

  • お母さんが「わが子」と「他の子」をくらべておちこむとき
  • お母さんが「自分」と「他のママ」をくらべておちこむとき

です。

 

 

幼児教室や塾には、自信を育てるために通っているはずです。

 

でも、お母さんががっかりしていたらどうでしょう。

 

わたしだったら自信をなくします。

 

 

幼児期は自信をはぐくむ時期です。

 

「ぼくっていいな」

「わたしっていいな」

 

そう思えることが大切なんです!

 

 

幼児教室や塾に通うことで、一番大切な自信をなくしてしまったら元も子もありません。

 

お子さんのために幼児教室や塾に通うなら、お子さんの自信につながる行動を意識しましょう。

 

どうしても誰かとくらべてしまうなら、こちらのレッスンをご利用ください

 

いまい ちづこ(チャームポイントLab.主宰 )

・臨床心理士・専門健康心理士