名古屋の子育てカウンセリング:子育てで大切なこと

こんにちは。臨床心理士のいまいです。


公認心理師・臨床心理士・専門健康心理士

・博士(人間科学:早稲田大学)

早稲田大学人間科学部通信教育課程教育コーチ

・元小学校(こども園)のカウンセラー、元学習支援員

・プライベートでは、小学3・1年男児の母です。

さらに詳しいプロフィールはこちらから



皆さんは、毎日の子育てで大切にしていることはありますか?

 

 

私が特に大切にしているのは

 

子どもの「自分っていいな」という気持ちを育てることです。

 

 

なぜそう思うのかというと

 

いくら今勉強ができても

いくら今スポーツができても

「自分っていいな」という気持ちが育っていなければ

壁にぶつかったとき簡単に心がおれてしまうからです。 

 

残念ですが、そういうお子さんをたくさんみてきました。

 

 

関連記事:学力だけ高ければいい?

  

ある研究では、3割の小学生は

「自分にはよいところがない」

と回答したそうです。

 

 

よいところがない子なんていないので

残念でなりません。

 

 

それに、自分にはよいところがないと

思っている子は

「自分っていいな」という心も

育っていないと思うのです。

 

 

「自分っていいな」という気持ちを

育てるためには、

一番身近な存在である親(大人)の

関わり方が特に重要です。

 

関連記事:子どもの成績をさげるのは親?

 

 

この「自分っていいな」と

感じられる心を育てるためには

「あなたはあなたのままでいいんだよ」

というメッセージを

親が伝え続けることが大切なんです

 

 

 

「自分は自分でいいんだ」

「自分さえその気になれば、どんなことも挑戦できる!」

 

という心を育てることが

親が子どもに与えられる

最大のプレゼントだと思います。

 

 

皆さんはどう思いますか?

 

現在ご利用可能なサービス(全国どこからでも可能です)

相談する

子育ての悩み(例:かんしゃく、偏食)について、じっくりお話をうかがいます。

学ぶ

親が子育ての知識やスキルを学ぶ、ペアレントトレーニング。お子さんへの対応を具体的に学ぶことができます。