学力だけ高ければいい!? 子育ての悩み

◯学力だけ高ければいい?子育ての悩み

 

名古屋の臨床心理士いまいです。

今日は子どもの教育について書きます。

 

===

 

私は、臨床心理士を目指し、25歳で早稲田大学に入学しました。

 

実はその前に、短大をでています。

 

当時の私は「みんなが行くから」という理由で短大に進学しました。

学ぶ目的がなく、在学中はいつも受け身でした。

 

就職の段階になっても「これがしたい」と思う仕事はみつかりませんでした。

あったのは「女性が輝ける職場」というぼんやりとした思いだけ。

結局、企業イメージだけで安易に決めてしまい、後悔することになりました。

 

 

早稲田大学にも以前の私と同じように

 

ただなんとなく大学に進学し

講義への興味が乏しく、いつも受け身の姿勢で

卒業後にやりたい仕事がない

 

学生がたくさんいました。

 

だからなのか「やりたいことがわからないのに、とりあえず大学に」というのは危険だなという思いが強くあります。

 

 

短大時代の私もそうですが、そんな学生に共通しているのが「自分はどうありたいのか」を考えてこなかったということです。

 

小中学生時代は人より勉強ができたかもしれない。

でも、一番肝心の「自分」と向き合うことをしてこなかったと思うのです。

 

***

 

だからこそ私は、子どもの学力の高さだけに目を奪われたくありません。

 

子どもが自分に向きあい「自分っていいな」と感じられる子になってほしいと思っています。自分らしく堂々といきてほしい。

 

そのためには「私は私、どんな自分もOK」と言いきれる”強くてしなやかな心”を育てることを大切にしています。

 

 

みなさんはお子さんの教育をどう考えていますか?

 

関連記事:子育てで大切なこと

 

いまい ちづこ(チャームポイントLab.主宰 )

・臨床心理士・専門健康心理士