子どもが「注射嫌い」にならないために「親」ができること

◯子どもが「注射嫌い」にならないために「親」ができること

 

名古屋の臨床心理士いまいです。

今日は育児のことについて書きます。

 

 

私が育児の中で驚いたことの1つ。

それは予防接種の多さです。

 

毎週のように通った時期もありました。

 

 

ところで

みなさんはお子さんが

注射をうつとき

どんなお気持ちですか?

 

 

私は注射が苦手なため

どうしても

「痛そうだな」

「かわいそうだな」

と思ってしまいます。

 

 

でも「態度」にはあらわしません。

いつもと変わらぬ様子を心がけています。

 

 

「ママも小さい頃やったよ」

「大丈夫だよ」

とやさしく声をかけています。

 

 

 

なぜそうするのかというと

痛みは心の影響を強く受けるから

 

 

これまでの研究から

 

『恐れや不安があると痛みが強まること』

『注意が向けば向くほど、痛みが強まること』

 

がわかっています。

 

 

お母さんが

心配そうな顔や態度を示すと

子どもの不安は高まります。

 

不安が高まると

痛みも感じやすくなるんです。

 

なので

いつもと変わらぬ様子を

心がけることがとても大事なのです。

 

 

 

 

また、注射のことで

もう1つ気をつけたいことがあります。

 

 

それは、

注射をうち終わった後は

「よい気分で終わること」です。

 

 

打つ時に少し泣いたとしても

大泣きしても

「がんばったねー、かっこいいなー」

など子どものがんばりをたくさん認めること。

 

 

そうすると、お子さんは

「自分は注射を乗り越えられた!」

というプラスの気持ちをもつことができます。

 

 

泣いてしまったからといって

「弱虫」

「他の子は泣いていないよ」

などときびしく声をかけても

注射が苦手になるだけです。

 

 

ちなみに

お世話になっている小児科では

注射の後「お菓子」がもらえる

サービスがありました。

 

 

これも注射を打った後に

よい気持ちでおわれるので

子どもの気持ちによりそっているなと感じます。

 

 

こういうシステムがない場合は

お母さんがご褒美を用意しておくのも

よいかなと思います。

 

 

もちろん個人差はありますが

よかったら参考にしてみてくださいね。

 

いまい ちづこ(チャームポイントLab.主宰 )

・臨床心理士・専門健康心理士

・博士(人間科学:早稲田大学)