寝かしつけが苦手なパパは◯◯が上手なパパ?

こんにちは。臨床心理士いまいです。

 

今日は親子のことを書きます。

ある研究では

  • 父親に抱きかかえられた幼児は心拍数と呼吸数が『増加』
  • 母親に抱きあげられた幼児は心拍数と呼吸数が『減少』

することがわかりました

(クレイグ, 2006)

 

 

この違いはなんだと思いますか?

 

 

1つ考えられるのは

父親と母親では子どもを抱く

目的が違うことです。

 

 

幼児を抱く目的について調べた研究でも

世話は父親<母親

遊びは母親<父親

ということがわかっています。

 

 

父親に抱かれる時は

ダイナミックな遊びを求めているので

心拍数と呼吸数があがり

母親に抱かれる時は

甘えたい時やリラックスを求めているので

心拍数と呼吸数がさがるのかもしれません。

 

 

パパが寝かしつけしようと

抱っこしたらよけいに目が覚めた

なんてことありませんか?

 

 

もしかしたらこの原因は

パパの抱っこが下手なのではなく

こういった子どもの生理的反応が

影響している可能性もあります。

 

 

また、普段お子さんとよく遊んでいる

パパなのかもしれません。

 

 

私自身を振り返ってみても

子どもを抱くのは

寝かしつけや泣いてしまった時など

お世話の時が多かったです。

 

 

反対に夫が子どもを抱くのは

ダイナミックな遊びの時が多かったです。

 

 

うちの子も心拍や呼吸数を測定していたら

明らかな違いが見られたかもしれません。

 

 

 

現在、7歳、5歳と大きくなった子ども達。 

体重は20キロを超えました。

 

毎日抱っこしていたあの頃が懐かしくもあります。

 

 

今はもう、抱っこをしたくても

もちあげるのがやっとです。

 

 

もっと「遊び」でも

抱っこしてあげればよかったと思います。

 

関連|子育ての後悔

公認心理師・臨床心理士 いまいちづこ

早稲田大学で学部から博士課程まで認知行動療法を学び、女性に特有な心身の症状やライフスタイルの問題を専門に研究と支援を行っている。2015年、公認心理師・臨床心理士・専門健康心理士として、博士の専門性を生かしたカウンセリング・コーチングを行うBlossomeを開業。女性起業家として、また小学生2人の息子の母親として、日常生活でできるメンタルの整え方や子育ての方法について具体的にサポートしている。



当サロンは、家族(夫婦・子育て)が専門。

心の専門家である女性の公認心理師・臨床心理士(カウンセラー歴17年)がすべてのセッションを担当しています。

カウンセリング、ペアレントトレーニング、カップルトレーニングの中から、今のあなたにピッタリな方法をお選びいただけます。

開室時間:不定休(完全予約制)

対面セッションor オンラインセッション

オンラインセッション(Zoom・Skype・Line電話)はお好きな場所から受けることができます。これまで、東京、神奈川、千葉、埼玉、石川、愛知、岐阜、三重、大阪など全国各地からご利用いただいております。

お申し込みいただいた場合、通常は2日以内に当サロンからご連絡を差し上げています。2日以上経っても当サロンからの連絡が届かない場合には、大変お手数ですが「Q&A よくいただくご質問」のページをご参照いただけますと幸いです。

ご連絡をお待ちしております。

 


柏・千葉・全国 公認心理師・臨床心理士が夫婦・子育ての悩みをサポート オンラインセッションならお好きな場所からご利用いただけます

2023年8月7日発売。

雑誌VERY(ヴェリィ)9月号に取材記事が掲載されました!

 

「子育てがうまくいかない…」悩める新人ライターがルポ「ペアレントトレーニング」に行ってみた

 

今回は、子育て中の読者ライターさんに当サロンのペアレントトレーニングをご体験いただきました。

「行動が続く仕組み」や「子どもの行動を3つのわける」など、お子さんの行動について整理しました。

 

少しでも子育てに悩む方のヒントになったら嬉しいです! 

 



(C)2015 Blossome 東京のメンタルヘルスサロン   当サイトの文章・デザイン等の無断コピーは固くお断りしております