母と子のほどよい距離

◯子どもの手を離すのに最適な時期はある!? 母と子のほどよい距離

 

こんにちは。臨床心理士いまいです。

今日は子育てのことを書きます。

母と子の“ほどよい”距離

はどのくらいだと思いますか?

 

 

親子なんだから

できるだけ近くにいた方がいい

 

親子だからといって

べったりしない方がいい

 

あるいは

子どもの年齢によって変わる

 

という方もいるでしょう。

 

 

私は子育てではこの距離感が

とても大事だなと感じています。

 

 

そして

育児書や他人の意見を

鵜呑みにするのは危険だと

思う部分でもあります。

 

 

どういうことかというと

 

お子さんによって

丁寧に手をかける時期と

手を離していく時期は

違うと思うからです。

 

 

 

分かりやすいのが低学年の宿題です。

 

ご家庭によって

子どもの宿題を丁寧にみる家庭

子どもにすべてをまかせる家庭

があると思います。

 

 

勉強は親がしっかりみるものだ

親がみると子どもは甘えてしまう

それぞれに主張があるでしょう。

 

 

私の考えは

子どもの状態にあわせる」です

 

 

どういうことかというと

親が丁寧にみることで

力がつく子の場合には一緒にやるし

親が丁寧にみると

やる気をなくしてしまう子には

一人で行わせるということです。

 

 

“親の考え”で決めるのではなく

“子どもの状態にあう”方を

私は選びます。

 

 

 

 

どういう行動をしたら

子どもはどうなったのか

 

どういう対応をしたら

子どもはどうなったのか

 

これを丁寧にみていくことが

何よりも大切だと感じます。

 

 

 

 

教えたらすぐにできる子もいれば

そうでない子もいます。

 

 

習得するまでに

時間のかかる子の場合は

世間の基準にあわせるのではなく

その子が自分はできると気づく

タイミングまで待つことが

大事だと思います。

 

 

子どもによって

丁寧に手をかける時期と

手を離していく時期は違う

 

ほどよい距離感も

一人ひとり違うと思うんです。

 

 

だから

 

親がこうしたいから

何歳ではこうあるべきだから

と判断するよりも

目の前の子どもの状態で

決めることを私は大切にしています。

 

みなさんは何を大切にされていますか?

 

公認心理師・臨床心理士 いまいちづこ

早稲田大学で学部から博士課程まで認知行動療法を学び、女性に特有な心身の症状やライフスタイルの問題を専門に研究と支援を行っている。2015年、公認心理師・臨床心理士・専門健康心理士として、博士の専門性を生かしたカウンセリング・コーチングを行うBlossomeを開業。女性起業家として、また小学生2人の息子の母親として、日常生活でできるメンタルの整え方や子育ての方法について具体的にサポートしている。



当相談室は、心の専門家である女性の公認心理師・臨床心理士(カウンセラー歴15年)がじっくり丁寧にお話をうかがいます。

営業時間

定休日:不定休(完全予約制)

対面セッションor オンラインセッション

原則、2日以内にご返信しております。もし返信がない場合には、大変お手数ですが再度ご連絡いただけますようお願い申し上げます


(C)2015 Blossome 東京のカウンセリング   当サイトの文章・デザイン等の無断コピーは固くお断りしております


東京都 公認心理師・臨床心理士による女性のための相談室 オンラインセッションならお好きな場所からご利用いただけます

✿ お知らせ 2021年9月、オフィス名をチャームポイントLab.からBlossome(ブロッサム)に変更いたしました。