母と子のほどよい距離

◯子どもの手を離すのに最適な時期はある!? 母と子のほどよい距離

 

名古屋の臨床心理士いまいです。

今日は子育てのことを書きます。

 

 

母と子の

「“ほどよい”距離」とは?

 

そう質問されたら

どう答えますか?

 

 

親子なんだから

できるだけ近くにいた方がいい

 

親子だからといって

べったりしない方がいい

 

子どもの年齢によって変わる

という方もいるでしょう。

 

 

私は、子育てでは

この“距離感”はすごく大事だなと感じています。

 

 

そして

育児書や他人の意見を

鵜呑みにするのは危険だと

思う部分でもあります。

 

 

どういうことかというと

 

お子さんによって

丁寧に手をかける時期と

手を離していく時期は違うからです。

 

 

 

わかりやすいのが低学年の宿題です。

 

ご家庭によって

 

子どもの宿題を丁寧にみる家庭

子どもにすべてをまかせる家庭

 

があります。

 

 

「勉強は親がしっかりとみるものだ」

「親がみると子どもは甘えてしまう」

 

それぞれに主張があるでしょう。

 

 

私の考えは「子どもの状態にあわせる」です

 

 

どういうことかというと

 

親が丁寧にみることで

自信がつき

力がつく子の場合には一緒にやる。

 

親が丁寧にみると

やる気をなくしてしまう子には

一人でやらせてみる。

 

ということです。

 

 

“親の考え”で決めるのではなく

“子どもの状態にあう”方を選びます。

 

 

 

みんなすばらしい力をもっているのに

 

「自分はダメだ」

 

と思い込んでいる子が多い。

 

この原因はなんなんでしょう。

 

 

いつでも大切なのは

「今、子どもがどういう状態でいるか」

なんです。

 

 

どういう行動をしたら

子どもはどうなったのか

 

どういう対応をしたら

子どもはどうなったのか

 

これを丁寧にみていくことです。

 

関連:ペアレントトレーニング

 

 

 

 

教えたらすぐにできる子もいれば

そうでない子もいます。

 

 

習得するまでに

時間のかかる子の場合は

世間の基準にあわせるのではなく

その子が「自分はできる」

と気づくタイミングまで

待つことが私は大事だと思っています。

 

 

子どもによって

丁寧に手をかける時期と

手を離していく時期は違う。

 

ほどよい距離感も

一人ひとり違うと思うんです。

 

 

だから

 

親がこうしたいから

何歳ではこうあるべきだから

 

で判断するよりも

目の前の子どもの状態で

決めることを私は大切にしています。

 

 

みなさんは何を大切にされていますか?

 

公認心理師・臨床心理士・専門健康心理士

博士(人間科学:早稲田大学)

早稲田大学人間科学部通信教育過程教育コーチ

NHK文化センター講師(マインドフルネス)