よいこってどんな子?日本人の母親が考えるよいことは

◯よいこってどんな子?日本人の母親が考えるよいことは

 

名古屋の臨床心理士いまいです。

今日は子育てのことを書きます。

 

===

 

「あの子は“いいこ”だなあ」

 

そう思うのはどんな子ですか?

 

素直な子

親切な子

規則が守れる子

 

いろんな考えがあると思います。

 

 

日本とアメリカでも

この「よいこ像」は違うといわれています(東ら,1981)

 

たとえば

 

日本の母親はアメリカの母親にくらべて

 

  • 「従順」(例:親からいけないといわれたら、なぜなのかわからなくてもいうことを聞く)
  • 「感情の抑制」(例:欲求不満な時でも泣かずに我慢できる)

 

などへの期待が高いことがわかっています。

 

 

また、アメリカの母親は日本の母親にくらべて

 

  • 「言語的自己主張」(例:意見等を聞かれたら、はっきりと述べる)
  • 「社会的能力」(例:友達を説得して、自分の考えやしたいことを通すことができる)

 

などへの期待が高いことがわかりました。

  

少し古い研究ですが、今でも同じような傾向がみられると思います。

 

 

この結果をきいてどう思いましたか。

 

私は、この日本人のよいこ像のままでは「自分らしく」生きていくのは難しいと感じました。

 

もちろん、社会でいきていくためには、従順さや協調性は大切な能力です。

 

でも、それを強く求めすぎると

子どもは、自分よりも相手のことばかりを考えるようになります。

 

「本当はこうありたい」と思っても、親の顔色を気にしてふみだせない

 

自分の人生なのに

自分が「主人公」の人生ではなくなってしまいます。

 

 

数年前、ディズニー映画「アナと雪の女王」の中で

 

「ありのまま」

 

という言葉がとてもはやりました。

 

あそこまでヒットしたのは、みんな本当は「ありのまま」にいきたいからです。

 

 

みんな本当は「ありのまま」に生きたい。

 

 

でも、それができないのは、自分の考えを主張するよりも、従順さや協調性ばかりを「よいこと」として教育されたからではないでしょうか。

 

 

相手を思いやる気持ちはもちろん大切です。

 

でも同時に

 

自分を大切にする

自分の心を大切にする

 

ことも子どもたちに伝える必要があります。

 

そして、そのためには、親である私たちもそうあることです。

なぜなら、子どもは親の姿をみて学んでいくからです。

 

 

みなさんはどう思いますか。

 

いまい ちづこ(チャームポイントLab.主宰 )

・臨床心理士・専門健康心理士