絵本のある暮らし

◯絵本のある暮らし

 

名古屋の臨床心理士いまいです。

 

 

わたしのクライエントさんは

お母さんが多いので

子育てで気をつけていることを

よく聞かれます。

 

 

その中でパッと思いつくのは

絵本の読み聞かせです。

 

 

読み聞かせは

いいことずくめ。

 

 

なかでも

本の世界を通じて

子どもがいろんな体験をし

さまざまな感情をあじわえるのが

魅力だなと感じます。

 

 

わが子も

登場人物と一緒に

笑ったり

喜んだり

怒ったりしています。

 

 

読み聞かせのデメリットがあるとすれば

それはお母さんの負担でしょうか。

 

 

わたしは

どうしても疲れてしまった時は

パスしています。

 

 

「読みたくない」という

私の気持ちを大切にしています(笑)

 

 

無理しないことも、長く続けるコツだと思います。

 

 

 

読み聞かせについての調査では

「ほぼ毎日している」ご家庭は

 

年少:31.8%

年中:25.5%

年長:17.8%

 

だそうです。

(ベネッセ教育総合研究所, 2014)

 

 

 

読み聞かせは

子どもの心の成長にとって

よいことずくめです。

 

でも、読み聞かせを

親子でできる時期は

限られているんですよね...

 

 

息子たちは、小2と年長。

「いつまでできるんだろう」

とふと思います。

 

 

子どもから「もういい」

といわれるまで続けていきたいです^^

 

公認心理師・臨床心理士・専門健康心理士

博士(人間科学:早稲田大学)

早稲田大学人間科学部通信教育過程教育コーチ

NHK文化センター講師(マインドフルネス)