子どもの考える力を伸ばす方法

◯ 子どもの考える力を伸ばす方法

 

名古屋の臨床心理士いまいです。

 

昨日は、わたしがかつて超マニュアル人間で「自分で考える」ことをしてこなかったことを書きました。

 

↓この記事です

自分で考える、自分で決める

 

 

昨日も書きましたが

もちろん大人になってからでも

「考える」力は鍛えられます。

 

 

 

でも、理想は

子どものうちから鍛えておくこと。

 

 

理由は

子どもがこれからの時代を

生き抜くために

「考える力」は鍵だから

 

 

 

たとえば、学習面。

 

これまでは暗記ができればOKだった。

(マニュアル人間が得意)

 

 

でも、これからの時代は

「考える力」が重視されます。

暗記してても

そこから「応用」できなければ

評価されにくくなります。

 

 

 

仕事も

マニュアルさえあれば

誰でもできる仕事は

どんどん少なくなっています。

 

 

わたしはこう思う

わたしならこうする

 

といった独自の考えが

求められるように。

 

 

 

それに何より

「自分で考える」って楽しい♪

 

 

本当に「考える力」が鍵になります! 

 

 

では、どうやって

考える力を鍛えたらよいのか?

 

 

一番簡単なのは

 

子どもの意見をきくこと。

 

 

「あなたはどう思う?」

っていつもきく。

 

 

その時のポイントは

子どもの意見を尊重すること。

 

変な意見でも

いったん受け入れてから代替案を伝える。

 

それと

「あなたはどう思う?」は

あたたかい雰囲気で。

突きはなしたようにいうと逆効果。

 

 

他にも日常生活で

できることは

たくさんあります。

 

またここでも

シェアしていきますね^^

 

 

考える力を伸ばす関わりを1日も早く学びたい方はこちらをご利用ください

 

 

関連記事

子どもの自信を育てる子育て 

 

関連サイト

ペアレントトレーニング

 

いまい ちづこ(チャームポイントLab.主宰 )

・臨床心理士・専門健康心理士