もっと自分を大切にしよう

学生の頃

すごく大好きなお店があったんですね。

 

そのお店のリゾットが

とにかくすきで

行くたびに注文していました。

 

 

でも、ある時

そのリゾットを食べた後

毎回体調不良になっていることに

気づいたんです。

 

 

だいすきだったので

ショックでした(◞‸◟) ...

 

 

わたしのように

本当はすきだけど

からだにあわないから食べられない

という方は多いですよね...

 

 

一方、こころのことだと

わたし達は、食べ物の時とは

違った行動をしてしまいがちです。

 

 

どういうことかというと

 

あることを経験すると

 

毎回イライラするのに

毎回おちこむのに

 

その原因をとりのぞこうとはせず

また同じことを繰り返しているのです。

 

 

 

自分にあわない食べ物なら

すぐに排除するのに

自分にあわない考え方や行動は

ずっとそのまま

 

そういう方が多いなと感じます。

 

 *

 

「こういう性格だから仕方ない」

 

 

そう思われている方はとても多いです。

 

でも、わたしは

性格はこれまでの行動で

身につけてきたものだと考えています。

 

だから

新しい行動を身につければ

違った性格(とよばれるもの)になることだって

本人が望むなら可能だと思っています。

 

 

最新の科学的な研究でも

自分を心地よくする心がまえや

自分を大切にする心がまえは

トレーニングによって

身につけられることがわかっています。

 

 

もし、いま、日々のくらしの中に心地よさを感じていないなら

一緒にトレーニングしてみませんか。

 

便利なオンラインセッションもご用意しています。

 

 

関連記事

今を楽しむためにできること

 

 

公認心理師・臨床心理士・専門健康心理士

博士(人間科学:早稲田大学)

早稲田大学人間科学部通信教育過程教育コーチ

NHK文化センター講師(マインドフルネス)