学ぶのに〇〇は関係ない!

アメブロにも書きましたが

多くの方にお伝えしたいのでこちらにも。

 

 

わたしは25歳で臨床心理士を目指して

早稲田大学に再入学しました。

 

それまで勉強はまったく...^^;

 

初めての方はこちらのプロフィールを

 

 

それで...

わたしと同じく実は夫も

社会人経験を経ての大学組。

 

当時は、社会人から大学に来る人は少なかった(はず)。

 

学科は違うのですが

偶然英語のクラスが一緒で

偶然その英語のクラスに共通の知人がいて

夫を紹介してもらったんです。

 

大学に入学してまもなくのことでした。

 

夫とはそれから博士修了までの9年間

励ましあいながら一緒に学んできました。

(夫婦で同じ年に博士学位をとりました。かなりレアケースらしいです)

 

関連記事:夫への不満を解消する方法

 

 

何が言いたかったかというと

学ぶには年齢は関係ないってこと。

 

 

ストレートで大学に行かなきゃダメとか

そこまで躍起になる必要はないって思ってます。

 

 

だからかな...

わが子に対しても、全然教育熱心じゃない。

むしろ、めちゃくちゃ自由(だと思ってます)。

宿題は絶対にやる派ですが。

 

一番残念なのは、かつてのわたしのように

本気でやってもいないのに勉強嫌いになってしまうこと。

学ぶことが嫌いになってしまうことだと思うんです。

 

関連記事

子どもの成績を下げるのは親?

子どもがやる気を失っていたら ◯◯のサイン

 

 

だから、成績をよくするために

ただただツライ勉強をさせるのではなく

「楽しく学ぶ」ことを意識しています。

 

 

とかLaQとか本とか...

ふたりともいつも楽しそう♪

 

わたしは「これがすき」と思えるものがなかった

子ども時代を過ごしたので、

ふたりをみてると楽しそうでいいなと思います。

 

 

先日の読書感想画中央コンクールでは

初の兄弟ダブル入選。

 

いつも一人が賞状をいただくと

もう一人は届かずのパターンだったので

ふたり一緒はすごく嬉しかったです

(上の子の作品:課題図書「たてる」)

(下の子の作品:課題図書「きつねのはじめての冬」)

 

学ぶには年齢なんて関係ない!!

そんなことがお伝えしたくて書いてみました。

・公認心理師・臨床心理士・専門健康心理士

・博士(人間科学:早稲田大学)

・早稲田大学人間科学部通信教育課程教育コーチ

NHK文化センター講師(マインドフルネス)

・元小学校(こども園)のカウンセラー

・小学校3年生と1年生の男児の母