その心配、役にたってますか?

1年前、先天性股関節脱臼のことをこのブログでカミングアウトしました。

コンプレックスをバネにする

 

 

ほとんど人に話したことがなかったし、

わたしにとってはものすごく勇気がいることでした。

 

 

でも、起業してこの活動をしていたら

「なんだか言わなきゃ」って思って...

そこを隠していたら、

わたしじゃないって思ったんです。

 

 

正直いうと、

物心ついた頃から足のことにふれられるのがイヤでした。

 

 

歩き方に特徴があるから

「足、大丈夫ですか?」って

声をかけてもらうのだけど、

そのたびに「ああ、やっぱり変なんだ」って

ショックを受けてました。

 

 

わたしにとっては、

普通に歩けることが憧れ。

 

子どもたちとお散歩してて、

軽やかに歩く姿をみるたびに

「あ〜よかよか♪」って嬉しくなります。

 

 

 

違う、違う。今日話したかったこはそこじゃなくて...

お酒飲みながら書いてるとついつい脱線しちゃいます:笑

でも、お酒飲みながらゆったり書いてる記事の方が評判がいい♪

 

 

 

わたしはずっと親から

「先天性股関節脱臼だから出産はむずかしいかも…」

みたいなことを言われて育ちました。

 

 

なので、妊娠した時、

真っ先に主治医にそのことを伝えました。

 

 

そしたら主治医から返ってきたのは

 

「このくらいなら大丈夫ですよ」

「普通分娩でもいけます」

 

という驚くべき言葉だったのです。

 

 

その時のわたしの心の声は

 

え〜、え〜、え〜((((;゚Д゚)))))))ですよ。

 

え〜、わたしずっとずっと

出産できるか心配してきたんですけど...

 

これまでの心配はなんだったの???と思いました。

 

 

 

なんでこんなことを書いたかっていうと

 

わたしのこの話みたいなことがよくあるから。

 

客観的事実を知らずに

勝手に思い込んで勝手に心配を大きくする

 

みたいなことをしてる人が本当に多いんです。

 

 

わたしの場合は

「なんとしてでも絶対産む!!っ」て

決めてたからそうならなかったけど

「分娩はむずかしい」っていう親の言葉を信じて、

出産自体を諦めちゃうことだってあったかもしれない…

 

 

わかってます。

希望に満ちた私をみて、

親は愛情から心配してくれてたってことは

ちゃんとわかっています。

 

 

でも…

親の心配が子どもの未来を奪ってしまうことも

あるってことはやっぱり伝えたい。

 

 

今日は息切れしたのでここまで…

なんてことないこの記事を書くのに

2時間くらいかかりました...:苦笑

 

続きはまた書きますね!

→こちらに続きを書きました

・公認心理師・臨床心理士・専門健康心理士

・博士(人間科学:早稲田大学)

・早稲田大学人間科学部通信教育課程教育コーチ

・NHK文化センター講師(マインドフルネス)

・元小学校(こども園)のカウンセラー

・小学校4年生と2年生の男児の母