女性に多い悩みの1つ?みんなと一緒じゃないと安心できない

こんにちは。臨床心理士のいまいです。

 

今回は今朝思ったことを書きます。 

私は複数の心理学の資格をもっています。

 

臨床心理士

公認心理師

専門健康心理士

 

どれも望んで得たものです。

 

 

でも、いつの間にか

資格が前面にあって

私はその中の小さな1つみたいな感覚に

なっていたなと感じたんです。

 

 

いつも自分のことを

臨床心理士のいまいです

って書いているからかな:笑

 

私は私なのに。

私はお母さんだから

私は妻だから

私は○○だから

 

こんな風に

いつの間にかこういう枠の中に

自分を閉じ込めていることって

多い気がします。

 

 

だけど私のように

そのことに

自分では気づきにくい。

 

 

 

自分のことって

わかっているようで

わかってないなって

自分に向き合えば向き合うほど

そう思います。

 

 

たとえば、私だったら

 

 

みんなと一緒がいい。

みんなと一緒が安心。

 

 

人からみたら十分変わっている私でも

どこかでそう強く信じていることに

この活動を通じて気づきました。

 

 

私は私でいい。

そう思っていても

グラグラする

 

恥ずかしいですが

これも今の私です。

 

 

自分のことってわかっているようで

わかっていないもの。

 

 

この先どんな自分に気づくのか

怖いけど楽しみでもあります。

公認心理師・臨床心理士 いまいちづこ

早稲田大学で学部から博士課程まで認知行動療法を学び、女性に特有な心身の症状やライフスタイルの問題を専門に研究と支援を行っている。2015年、公認心理師・臨床心理士・専門健康心理士として、博士の専門性を生かしたカウンセリング・コーチングを行うBlossomeを開業。女性起業家として、また小学生2人の息子の母親として、日常生活でできるメンタルの整え方や子育ての方法について具体的にサポートしている。



当相談室は、心の専門家である女性の公認心理師・臨床心理士(カウンセラー歴15年)がじっくり丁寧にお話をうかがいます。

営業時間

定休日:不定休(完全予約制)

対面セッションor オンラインセッション

原則、2日以内にご返信しております。もし返信がない場合には、大変お手数ですが再度ご連絡いただけますようお願い申し上げます


(C)2015 Blossome 東京のカウンセリング   当サイトの文章・デザイン等の無断コピーは固くお断りしております


東京都 臨床心理士・公認心理師による女性のための相談室 オンラインセッションならお好きな場所からご利用いただけます

✿ お知らせ 2021年9月、オフィス名をチャームポイントLab.からBlossome(ブロッサム)に変更いたしました。