産後クライシス 夫のことが嫌いな妻

◯ 産後クライシス 夫のことが嫌いな妻

 

名古屋の臨床心理士いまいです。

今日は夫婦のことを書きます。

 

===

 

産後を通じて、仲が悪くなってしまう夫婦は多いです。

 

これは調査でもわかっています。

 

たとえば

 

「配偶者といると本当に愛していると実感するか?」

 

という質問をしたところ、年々愛情がうしなわれていく傾向にあります。

 

特徴的なのは、夫への愛情の急落です。

 

 

参考:愛していると実感する人の割合

  • 妊娠時期:夫74.3%、妻74.3%
  • 0歳時期:夫63.9%、妻45.5%
  • 1歳時期:夫54.2%、妻36.8%
  • 2歳児期:夫51.7%、妻34.0%

 (ベネッセ次世代育成研究所調べ)

 

=====

 

夫婦関係に悩む女性の意見で多いのは

 

妊娠中や産後の大変な時に

 

「全然手伝ってくれなかった」

「やさしくしてくれなかった」

 

というものです。

 

夫から過去にされたことを忘れられずに苦しまれています。

 

 

「あの時されたことは絶対忘れない」

 

お気持ちはすごくわかります。

 

でも、一番近くにいる相手への憎しみや失望感、絶望感を抱えながらの生活はあなたに大きなストレスをもたらします

 

相手への負の感情は、結果的にあなたを苦しめています。

 

 

「夫は嫌いだけど、今は子どものために別れられない」

 

もしそう考えているなら、お子さんのためにも少しでも夫婦関係がよくなる方法をみつけていきましょう。

 

大好きなお母さんとお父さんがいがみあっている

 

この状態はお子さんにとってもしんどいからです。

 

・ 

 

カウンセリングでは

 

自分を苦しめる考え方をしていないか

 

自分を幸せにできる考え方はないか

 

を考えていきます。

 

また、過去ではなく「今」をいきるために必要なトレーニングをしていきます。

 

<参考>ご夫婦の悩みのアプローチ例

 

 

カウンセリングは万能ではありません。

 

でも、自分と向きあうことで長年の苦しみから解放される方もいらっしゃいます。

 

諦めることも必要です。

でも、諦めるのはすべてをやりきってからでも遅くはありません。

 

一人で悩んでいるなら、ぜひ一度ご相談ください。

 

公認心理師・臨床心理士・専門健康心理士

博士(人間科学:早稲田大学)

早稲田大学人間科学部通信教育過程教育コーチ

NHK文化センター講師(マインドフルネス)