悩みを解決するために必要な考え:生きづらさ

自分はどうありたいか カウンセリングで考えること

◯ 悩みを解決するために必要な考え:生きづらさ

 

名古屋・長久手・日進 臨床心理士のいまいです。

 

 

ここ最近

「自分はどうありたいのか」

というキーワードが

たくさん目に入ってきます。

 

 

ちょっとしたブームなのかもしれません。

 

 

 

でも、私はこの

「自分はどうありたいか」

という概念は

とても大事だと思っています。

 

 

なぜかというと、

「自分はどうありたいのか」

がわかっていないと

いっけん悩みが

解決したようにみえても

本質的な悩みは

解決できていないからです。

 

 

「自分はどうありたいのか」

をしっかり考えていないと

新たな問題が出てきた時に

また悩みはじめてしまうのです。

 

 

ですので、セッションでは

 

もし、他人の目を気にしないとしたら

もし、自分で自由に選べるとしたら

 

本当はどうありたいかを

じっくりおうかがいしています。

 

 

 

この「自分がどうありたいか」がわかれば

それに向かって歩いていくだけです。

 

 

横道にそれそうになっても

簡単に軌道修正することもできます。

 

 

以前よりも周囲の雑音が

気にならなくなる方も多いです。

 

 

「自分はどうありたいのか」

幸せに生きるための

大事なキーワードだと思います。

 

関連記事

自分のよさがわからない理由

 

公認心理師・臨床心理士・専門健康心理士

博士(人間科学:早稲田大学)

早稲田大学人間科学部通信教育過程教育コーチ

NHK文化センター講師(マインドフルネス)


学力だけ高ければいい!? 子育ての悩み

◯学力だけ高ければいい?子育ての悩み

 

名古屋の臨床心理士いまいです。

今日は子どもの教育について書きます。

 

===

 

私は、臨床心理士を目指し、25歳で早稲田大学に入学しました。

 

実はその前に、短大をでています。

 

当時の私は「みんなが行くから」という理由で短大に進学しました。

学ぶ目的がなく、在学中はいつも受け身でした。

 

就職の段階になっても「これがしたい」と思う仕事はみつかりませんでした。

あったのは「女性が輝ける職場」というぼんやりとした思いだけ。

結局、企業イメージだけで安易に決めてしまい、後悔することになりました。

 

 

早稲田大学にも以前の私と同じように

 

ただなんとなく大学に進学し

講義への興味が乏しく、いつも受け身の姿勢で

卒業後にやりたい仕事がない

 

学生がたくさんいました。

 

だからなのか「やりたいことがわからないのに、とりあえず大学に」というのは危険だなという思いが強くあります。

 

 

短大時代の私もそうですが、そんな学生に共通しているのが「自分はどうありたいのか」を考えてこなかったということです。

 

小中学生時代は人より勉強ができたかもしれない。

でも、一番肝心の「自分」と向き合うことをしてこなかったと思うのです。

 

***

 

だからこそ私は、子どもの学力の高さだけに目を奪われたくありません。

 

子どもが自分に向きあい「自分っていいな」と感じられる子になってほしいと思っています。自分らしく堂々といきてほしい。

 

そのためには「私は私、どんな自分もOK」と言いきれる”強くてしなやかな心”を育てることを大切にしています。

 

 

みなさんはお子さんの教育をどう考えていますか?

 

関連記事:子育てで大切なこと

 

公認心理師・臨床心理士・専門健康心理士

博士(人間科学:早稲田大学)

早稲田大学人間科学部通信教育過程教育コーチ

NHK文化センター講師(マインドフルネス)


子育てがうまくいかない悩み

◯子育てがうまくいかない悩み

 

こんにちは。名古屋の臨床心理士いまいです。

今日は子育てのことを書きます!

 

===

 

今、子育てがうまくいかないと感じている方へ

 

引用元を忘れてしまったのですが、私がすきな「人生の時計」の話をシェアします。

 

人生80年だとして、それを時計(24時間)にたとえると

 

40歳なら、正午

20歳なら、午前6時

10歳なら、午前3時

 

子どもだと、まだ日が昇る前です。

 

***

 

お子さんのことで悩んでしまうことはみんなあると思います。

私自身も、うまくいかなくて落ちこむことはあります。

 

 

でも、そんな時はこの人生の時計を思い出しています。

 

 

人生の時計で考えると、子どもはまだ夜明け前。

”まだまだこれから”というときなんですよね。

 

***

 

いろんなお子さんをみていて感じるのは、一人ひとり成長のスピードが違うということです。

教えたらすぐにできるようになる子もいれば、少し時間がかかる子もいます。

 

まだ夜明け前である今の「できる」「できない」に一喜一憂し、子どもの意欲を奪ってしまうのが1番残念なことです。

 

子どもは親の言葉や態度に敏感です。

何気ない親の言葉や態度で、「自分はできない子」「自分はダメな子」と思い込んでしまうのです。

 

少し時間がかかる子には

 

「大丈夫だよ」

「今はむずかしくても、あなたはきっとできるようになるよ」

 

と、お子さんの力を信じてあげてほしいなと思います。

それが必ず、お子さんの大きな力になると、多くの親子をみてきた私は確信しています。

 

***

 

余談ですが、大学の授業でも時々この話をしています。

 

大学生はまだ6時。

 

なのに「自分は何をやってもダメだ」とあきらめてしまっている子が多いからです。

 

でもこの話をして自分がまだ6時だと気づくと、挑戦しようと思う子もいるんですよ。

 

***

 

今、子育てがつらいなと感じている方にとって、少しでも参考になる部分があったら嬉しいです。

 

関連サイト:カウンセリングの特徴

公認心理師・臨床心理士・専門健康心理士

博士(人間科学:早稲田大学)

早稲田大学人間科学部通信教育過程教育コーチ

NHK文化センター講師(マインドフルネス)


夫婦ケンカを少なくする:夫婦カウンセリング

名古屋夫婦カウンセリング 夫婦ケンカを少なくする

◯夫婦ケンカを少なくする:夫婦カウンセリング

 

こんにちは。名古屋の臨床心理士いまいです。

 

今日は夫婦関係のことを書きます。

 

===

 

夫婦ケンカの内容で多いのは「家事分担」です。

 

日本では、たとえ共働きであっても、女性(妻)の負担が大きいことがわかっています。

 

だからこそ

 

「なんで私ばっかりやらなきゃいけないの!!!」

 

とイライラしている女性も多いのではないでしょうか。

 

***

 

でも

 

「なんで私ばっかりやらなきゃいけないの!?ちょっとはやってよ!!」

 

と訴えても、

 

旦那さんからは

 

「こっちだって、やってるよ!!」

 

 

というブーメランが返ってきませんか?

 

===

 

なぜこんなやりとりになってしまうのか?

ある海外の研究にそのヒントがあります。

 

その研究によると

「多くの人は自分の方が家事をよくやっていると思いこんでいる」ことがわかりました。

 

 

なので、たとえ妻(夫)がほとんどの家事をしていても、夫(妻)にはそう認識されにくいようなんです。

 

だから「こっちだって、やってるよ!!」というやりとりになってしまうかもしれません...

 

ちょっと(かなり)納得できないかもしれませんが... ^^;

 

でも、これを認識していると、必要以上に相手の「性格」を責めることがなくなると私は思うんです。

 

みなさんはどう思われますか?

 

公認心理師・臨床心理士・専門健康心理士

博士(人間科学:早稲田大学)

早稲田大学人間科学部通信教育過程教育コーチ

NHK文化センター講師(マインドフルネス)


名古屋の子育てカウンセリング:子育てで大切なこと

こんにちは。臨床心理士のいまいです。


公認心理師・臨床心理士・専門健康心理士

・博士(人間科学:早稲田大学)

早稲田大学人間科学部通信教育課程教育コーチ

・元小学校(こども園)のカウンセラー、元学習支援員

・プライベートでは、小学3・1年男児の母です。

さらに詳しいプロフィールはこちらから



 

皆さんは、毎日の子育てで大切にしていることはありますか?

 

私が特に大切にしているのは

 

子どもの「自分っていいな」という気持ちを育てることです。

 

 

なぜそう思うのかというと

 

いくら今勉強ができても

いくら今スポーツができても

「自分っていいな」という気持ちが育っていなければ

壁にぶつかったとき簡単に心がおれてしまうからです。 

 

残念ですが、そういうお子さんをたくさんみてきました。

 

 

関連記事:学力だけ高ければいい?

  

ある研究では、3割の小学生は

「自分にはよいところがない」

と回答したそうです。

 

 

よいところがない子なんていないので

残念でなりません。

 

 

それに、自分にはよいところがないと

思っている子は

「自分っていいな」という心も

育っていないと思うのです。

 

 

「自分っていいな」という気持ちを

育てるためには、

一番身近な存在である親(大人)の

関わり方が特に重要です。

 

関連記事:子どもの成績をさげるのは親?

 

 

この「自分っていいな」と

感じられる心を育てるためには

「あなたはあなたのままでいいんだよ」

というメッセージを

親が伝え続けることが大切なんです。

 

 

「自分は自分でいいんだ」

「自分さえその気になれば、どんなことも挑戦できる!」

 

という心を育てることが

親が子どもに与えられる

最大のプレゼントだと私は思います。

 


現在ご利用可能なサービス(全国どこからでも可能です)

相談する

子育ての悩み(例:かんしゃく、偏食)や夫婦の悩みなど、公認心理師・臨床心理士がゆっくりお話をうかがいます。

学ぶ

親が子育ての知識やスキルを学ぶ、ペアレントトレーニング。お子さんへの対応を具体的に学ぶことができます。



よい母親とは!? 著名な小児科医の言葉

◯よい母親とは!? 著名な小児科医の言葉

 

名古屋市の臨床心理士いまいです。

今日は育児のことを書きます。

 

=== 

 

「今日もたくさん怒ってしまった」

「子どもを傷つけてしまった」

「我慢ばかりさせてしまった」

「自分ってダメな母親だな」

 

そんな風に感じているママはとても多いです。

 

***

 

では、どんな母親が「よい母親」なのでしょうか?

 

イギリスの著名な小児科医であるウィニコットは「よい母親」とは「ほどよい母親」だといっています。

 

「ほどよい母親」とは?

 

「適度な子どもの世話を行い、ほどよい環境として存在する母親」だそうです。

 

ウィニコットは、子どもに関心を示さない親だけでなく、過度に子どもに関心を示す母親もよい母親だと考えていません。

 

***

 

私は「よい母親」とは、子どもの力を信じる(見守る)母親だと思っています。

 

子どもが「自分っていいな」と思えるような関わりができる、そんな母親です。

 

また、ウィニコットがいうように、子どもにとって「ほどよい環境」として存在することも大切だと思います。

 

そのためには、母親の心が十分に満たされている必要があると感じています。

 

***

 

多くの場合、親が思うよい母親と子どもが思うよい母親にはズレがあります。

 

たとえば

「家事は完璧だけど、いつもイライラしている母親」と

「家事はほどほどだけど、イライラしていない母親」

 

だとしたら、子どもは後者のイライラしていない母親を好むのではないでしょうか。

 

お母さんがお子さんのためを思って一生懸命やっていることが、お子さんの負担になっていることもあります。

 

みなさんはどんな母親をよい母親だと思いますか?

 

 

チャームポイントLab.では、お子さんの自己肯定感を育てる知識やスキルを学ぶことができます。遠方の方も通話がご利用いただけます。

興味のある方はこちらをご覧ください。

 

公認心理師・臨床心理士・専門健康心理士

博士(人間科学:早稲田大学)

早稲田大学人間科学部通信教育過程教育コーチ

NHK文化センター講師(マインドフルネス)


家でわがままなのは○○の証拠 !?

 

こんにちは。名古屋の臨床心理士いまいです。

今日は子育てのことを書きます。

 

===

 

スクールカウンセラーをしていた頃、お母さんにお子さんががんばっていたことをお伝えすると

 

「家ではわがままで困るんですけど...」

「家ではなかなか言うことをきかなくて...」

 

とよくいわれました。

 

お母さんがそばにいない外の世界ではがんばれる。

 

でも、お母さんの前ではかっこ悪い自分がみせられる。

 

これはある意味、親に甘えられている証だと私は思います。

 

***

 

反対に、お母さんやお父さんの前では気になる行動をしていないのに、園や学校では気になる行動をするお子さんもいます。

 

家での緊張(ストレス)を、園や学校でみせるお子さんは本当に心配です。

 

もし、園や学校からお子さんの気になる行動を伝えられたら、自分の前ではそうでないからと一方的に否定せず、お子さんのSOSのサインとして、耳をかたむける勇気をもつことが大事だと私は思います。

 

(※注 家庭でのストレスが原因ではなく、集団場面が苦手などの理由から気になる行動をとってしまうお子さんももちろんいます。)

 

関連記事:よい母親とは。著名な小児科医の言葉から

 

公認心理師・臨床心理士・専門健康心理士

博士(人間科学:早稲田大学)

早稲田大学人間科学部通信教育過程教育コーチ

NHK文化センター講師(マインドフルネス)


ママ特有の睡眠。ママのイライラの原因なのか?

◯ママ特有の睡眠。ママのイライラの原因なのか?

 

こんにちは。名古屋の臨床心理士いまいです。

今日は、子育てのことを書きます。

 

===

 

一般的には

子どもがうまれると

ママの睡眠時間は

少なくなるといわれています。

 

 

ある研究では

生後1年までの赤ちゃんを

育てる人の睡眠時間は

「最大で700時間減る」

と言われています。

 

 

また、ママの睡眠の問題は

これだけではありません。

 

 

ママの睡眠には

「子どもにいつ起こされるかわからないこと」

という特徴があります。

 

 

ある研究によると、

いつ起こされるかわからない場合には

つねに目覚めのストレスホルモンが

準備されているため

体がやすまらないそうです。

 

 

たくさん寝たのに疲れがとれない

なんてことはありませんか。

 

 

また、日によって睡眠時間がバラバラだと

イライラしやすいこともわかっています。

(注:こちらは子どもを対象とした研究ですが...)

 

 

 

 

「睡眠時間が少なくなる」

「いつ起こされるかわからない眠り」

「睡眠時間がバラバラになりやすい」

 

 

このように

ママの睡眠は理想とは

ほど遠い状態にあります。

 

 

十分でない睡眠は

「イライラ」だけでなく

「落ち着き」や「判断力」も

奪うこともわかっています。

 

だからこそ、睡眠をしっかりとることは大事なのです。

 

 

休むこと(寝ること)= 悪いこと

休むこと(寝ること)= もったいない

 

こんな風に

休むことに後ろめたさを

感じているママはたくさんいます。

 

 

でも、休むのも

ママの大切な仕事だと私は思っています。

 

 

どんなにお子さんを愛していても

疲れていたらイライラしやすくなるからです。

 

 

私も子どもが小さいときは

自分のからだをできるだけ優先させていました。

 

眠いときは

子どもと一緒に昼寝をしました。

 

疲れているときは無理しなかったので

部屋が片づいていないことも多かったですし

夫にご飯を買ってきて

もらうこともたくさんありました。

 

 

そのことで

夫から文句をいわれたことは

ありませんでした。

 

夫が私の疲れを理解してくれたことは

私にとって何よりもありがたかったです。

(気がねなく休むことができたので...)

 

 

もしだんなさんがあなたの疲れをわかってくれないようなら、このようなママ特有の睡眠のことをぜひ伝えてみてくださいね。

 

 

 

私の経験からも子どもたちが

一晩中寝てくれるようになってから

だいぶ楽になりました。

 

 

今、しんどい思いをなさっている方

くれぐれも無理をなさらないでくださいね。

 

 

関連記事

産後の父親にみられやすいこととは?

 

 

公認心理師・臨床心理士・専門健康心理士

博士(人間科学:早稲田大学)

早稲田大学人間科学部通信教育過程教育コーチ

NHK文化センター講師(マインドフルネス)


夫が悩みを話してくれない理由

◯夫が悩みを話してくれない

 

名古屋の臨床心理士いまいです。

今日は夫婦のことを書きます。

 

===

 

みなさんは悩んでいる時

じっくり一人で考えたい方ですか?

 

それとも誰かに話したい方ですか?

 

 

あくまでも一般的な傾向ですが

 

男性は人に悩みを話したがらず

女性は人に悩みをきいてほしい

 

といわれています。

 

 

男性が悩みを一人で

抱えこんでしまうのは

「悩みを話すこと=男らしくない」

と感じていることも大きいといわれています。

 

 

なので

ご主人が相談してくれなくても

「信頼されていない」

などとそこまで心配する必要は

ないのかもしれません。

 

 

 

また

直接的には悩みの相談にのれなくても

ご主人を支えることはできます。

 

 

たとえば

 

ご主人の好きな料理を作ったり

好きな音楽をかけたり

くつろげる家庭にしたり

 

することでも

間接的にサポートすることができます。

 

 

ちなみに私の場合は

料理は苦手なので

マッサージのサポートが多いです。

 

 

ご主人に無理やり話してもらうよりも

信頼し、支えたいと思う気持ちが

大切だと思います。

 

 

関連記事:産後の父親にみられやすい症状

 

公認心理師・臨床心理士・専門健康心理士

博士(人間科学:早稲田大学)

早稲田大学人間科学部通信教育過程教育コーチ

NHK文化センター講師(マインドフルネス)


カウンセリングの内容と回数について

◯カウンセリングの内容と回数:長久手・みよし・日進・名古屋

  

公認心理師のいまいです。


悩みがとても深刻な状況になってから

ご相談にこられる方がほとんどです。

 

 

「相談したかったけど、勇気がでなかった」

とおっしゃる方が本当に多いです。

 

 

ですので、今日は

カウンセリングには興味はあるけど通う勇気がでない方に向けて書きます。

 

 

通う勇気がでない理由としては

 

何をされるんだろう...

何回通えばいいんだろう..

 

という心配があると思います。

 

 

「何をされるだろう」

ということに関しては、私の専門は認知行動療法です。

(わが国ではまだまだ知られていませんが、イギリスやアメリカでは主流の方法です)

 

 

たとえば...

もし、考え方のクセが原因で気持ちがおちこんだり、イライラしている場合には、「思考の柔軟性を高める」ワークを行っていきます。

 

ほとんどの方は、練習することによってだんだんと柔軟な考え方ができるようになります。

 

詳しくはこちら

 

 

もう1つの

「何回通えばいいんだろう...」

ということに関しては、もちろん個人差はありますが、2週間に1度のペースで5~6回通われるとお困りごとを感じにくくなる方が多いです。

 


その後、お困りごとを感じにくくなっても、心のトレーニングとして定期的に(月に1度、2ヶ月に1度)通い続けてくださる方が多いです。

(日本では「カウンセリング」というとまだまだ抵抗感を感じる方が多いようですが、海外ではカウンセラーに相談することは特別なことではなく、カウンセリングを受け、自分の心と向き合うことはむしろ一般的なこととされています。)

 

 

もちろん、心のトレーニングとして、2週間に1度のペースで通い続けてくださっている方もいます。

 

 

回数については

お客さまのご要望に配慮しながら進めております。

 

 

関連サイト

ご相談者さまの声

 

 

ただ、1回お越しくださっただけで

お困りごとが解消するかというと

それは難しいかもしれません。

 

ですが「話をきいてほしい」などといった、リラクセーション的なものでしたら1回でもお力になれると思います。

 

 

関連記事

ペアレントトレーニングを受けて

 

・公認心理師・臨床心理士・専門健康心理士

・博士(人間科学:早稲田大学)

・早稲田大学人間科学部通信教育課程教育コーチ

NHK文化センター講師(マインドフルネス)

・元小学校(こども園)のカウンセラー

・小学校3年生と1年生の男児の母



ペアレントトレーニングの感想をいただきました♪長久手・みよし・日進・瀬戸・名古屋

◯ペアレントトレーニングの感想:長久手・みよし・日進・瀬戸・名古屋

  

公認心理師のいまいです。

 

今回は、ペアレントトレーニング受講生さん(Aさん)からいただいたご感想を紹介します!

 

【受講した理由】

息子の赤ちゃん返りに手を焼いて悩んでいる時にペアレントトレーニングという言葉を知り、受けてみたいと思った。

 

【受講してよかったと思うこと】

行動には原因があるとわかって対応がしやすくなりました。

自分の対応が的外れでないと言ってもらえたのも安心しました。

落ち込むできごとがあった時に相談できたので心の負担が軽くなった。

 

【カウンセラーの印象】

最初から話がしやすく、いろんな話をさせてもらうことができました。

落ち込んでしまった時は励ましてもらったりと助けてもらえて嬉しかったです。

 

 

Aさんが特に困っていたのは、息子さんの赤ちゃん返りでした。

Aさんいわく、下の子がうまれてから息子さんの赤ちゃん返りがひどくなったそうです。

 

息子さんの赤ちゃん返りの1つが、登園しぶりでした。

毎朝のように「園には行きたくない」と泣かれ、とても困っていらっしゃいました。

 

そのため、登園しぶりがなぜ起こっているのかを応用行動分析の視点から一緒にふりかえり、対応をみなおすことにしました。

 

ご感想にもありますように、全6回のペアレントトレーニングを通じて、お子さんへの対応がこれまでよりも行いやすくなったと感じていただけました。

 

ここからは私の感想になります。

 

とてもがんばりやのAさん。

 

セッション開始当初は「育児に自信がない」とおっしゃられていました。

 

「この対応でいいのだろうか...」と、お子さんへの対応に自信がもてなかったそうです。

 

 

でも、お話をうかがうと、とても素敵な子育てをされていました。

 

お子さんへのまなざしがとにかくあたたかくてやさしいのです。

 (私のところにこられる方はそういうお母さんがほとんどです。お子さんへの愛情があるからこそ悩んでしまうのかもしれません...)

 

ただ、やさしさゆえに、お子さんにふりまわされているところもありました。

(これも私のところにこられるお母さんの特徴です)

 

そのあたりを応用行動分析の視点からふりかえり、みなおしていきました。

 

 

ご感想にもありましたが、“お子さんの行動には原因がある”とわかったことがAさんにとって何より大きかったように感じます。

 

なぜなら、Aさんは原因がわからず対応できなかっただけだからです。

 

なので、原因さえわかればもう大丈夫。

 

一緒に学んだことをもとに、お子さんにあった対応を心がけるようにしました。

 

セッション開始当初は子育てに自信がないとおっしゃっていたAさんですが、セッションを通じてそのあたりもだいぶ変化がみられたように私にはうつります!

 

 

6回のセッションを終え、子育ての悩みが一段楽したと感じられたAさん。
今後は自分のことに向きあいたいとおっしゃられています!

(子育てのことが一段落された後、今度は自分のことに向きあいたいという方は実はとても多いんです^^)

 

Aさんはとてもピュアな方。

話していると心地よくて...

なので、これからまたAさんと一緒に心のトレーニングができることが本当に嬉しくてたまりません。

 

Aさん、お忙しい中アンケートにご協力いただきありがとうございました!

ぜひこれからも一緒に楽しみながらココロのことを学んでいきましょうね♪ 

 

 

Aさんが受講したペアレントトレーニングの詳細はこちらから

遠方の方もzoomにてご受講いただけます。

 

・公認心理師・臨床心理士・専門健康心理士

・博士(人間科学:早稲田大学)

・早稲田大学人間科学部通信教育課程教育コーチ

NHK文化センター講師(マインドフルネス)

・元小学校(こども園)のカウンセラー

・小学校3年生と1年生の男児の母